電話番号、フリーダイヤルは0120-987-390、携帯電話からは078-252-7300

うちのセキュリティ大丈夫かいな?

もはや企業としての社会的責務

適切な情報セキュリティ対策をとって、会社を守ろう

セキュリティ

近年、インターネットの普及によって、多くの企業が常時、業務でインターネットや電子メールを利用しています。これに伴い、コンピューターウィルスや不正アクセスの手口も年々巧妙になってきています。

情報漏えい事故などの被害から社内情報を守るために、情報セキュリティ対策をとることは、企業として今や不可欠といえます。

セキュリティ対策をしていないとどんなトラブルがおこるの?

企業で発生する可能性のある情報セキュリティに関するトラブルは、主に下記のようなものが考えられます。

情報セキュリティに関する主なトラブル

企業には、機密情報や顧客・社員等の個人情報など多くの情報が保管されています。その情報が漏えいしたとなると顧客などの関係者だけではなく、社会的な信用を失うこととなります。

また、システムへの不正アクセスによる不具合や、災害などによる機器障害によってサービスを停止してしまうことで、社会的に大きな影響を与えてしまう場合もあります。

そうした事態を避けるためにも、適切な情報セキュリティ対策をとることは、企業としての責務となってきています。

どんな対策をとればいいの?

パソコン保守

具体的には、ウィルス対策ソフトの導入、ソフトウェアを最新に更新する、安全なパスワード管理を行う等他にも様々な対策方法があります。

ユーシステムでは、お客様に代わり、サーバー・パソコン保守 セキュリティ対策を行っております。御社に必要なセキュリティ対策についてのアドバイス及び設定を行います。自社のセキュリティ対策に不安のある方は是非ご相談ください。

これらの対策の効果を最大限に発揮するには、予め企業として情報セキュリティ対策の方針と規則を定めることが必要です。

また、どんなに予防策をとったとしても100%安全とは言えません。問題が発生したときにどのように対応するか、すばやく問題解決にあたれる組織体制にしておく必要があります。

社員一人ひとりの意識も大切

社員のセキュリティ教育

企業においては、たった一人の不注意により、ウィルスに感染した結果、情報漏えいにつながることもあります。

社員一人ひとりが情報セキュリティ対策の必要性を理解し、日々の業務の中で実践していくことが大切になってきます。

ユーシステムでは、社員向けの情報セキュリティ教育も行っております。

安全なシステムを利用しよう!

前述したとおり、自社システムへの不正アクセスで不具合が発生し、業務が停止してしまった場合、
顧客が他社へ移行してしまい、貴重な販売機会を逃してしまう可能性があります。
自社システムが安全に利用できるものであることも1つの対策といえます。

弊社がおすすめしているクラウドサービスであるセールスフォース社のForce.com(フォースコム)では、ソフトウェアレベルからインフラレベルまであらゆる対策を講じています。

対策事例

  • データセンターでは世界トップクラスのエンジニア(全て正社員)による直接管理
    年間数千億円にのぼる大規模な投資が行われ、信頼性の高い安定した稼動を実現
  • 企業ごとに設定可能なパスワードポリシー
    有効期限、過去パスワードの利用制限、最小パスワード長、複雑さ、最大試行回数、
    ロックアウト期間が設定できる
  • ログイン可能なIPアドレスの制限
    許可されていないネットワークからはログインできないように設定できる
  • コンピュータの有効化機能
    これまでに接続が行われていないネットワークやブラウザからログインしようとした場合、
    メール通知が行われ、許可しないとアクセスできない
  • 自動ログアウト機能
    ユーザがパソコンから離れた際の不正利用を防ぐため、一定時間操作がない場合は
    自動的にログアウトされる
  • ログイン履歴管理
    過去6ヶ月間のログイン履歴を見ることができる

Force.com についてもっと知りたい方はこちら

一度自社のセキュリティ対策やシステムの安全性について見直されてはいかがでしょうか。
ユーシステムでは、セキュリティ対策からシステムのご提案まで、ITに関わることについてトータルにサポートしておりますので、心配になられた方はお気軽にご相談ください。

ユーシステムはスピード対応が自慢です! Webからのお問い合わせはこちら

WEBサイトトップへWEBサイトトップへWEBサイトトップへ