Evernote Businessをもっと活用できる連携クラウドサービス4選

公開日: : 情報共有, 業務効率化

Evernoteのサービスが開始してか、もうすぐで8年目になります。利用ユーザーは増え続ける一方で、1億人もすでに突破しているようです。クラウドサービスの中でもメジャーと呼べるようになり、最近ではEvernoteと連携ができるクラウドサービスも多くあります。今回はそんな中でもEvernoteがもっと活用できるような連携サービスを4つほど紹介したいと思います

1.PDCAの管理にピッタリ「Kanbanote」

こちらはEvernoteとの連携にのみ特化したクラウドサービスで、Evernoteの指定したノートブック内のノートをカード化して並べることができるサービスです。ただそれだけのサービスですが、例えばタグを使って状態やフェーズ管理している場合には、とても役に立ちます。
例えば「1.計画」「2.実行」「3.評価」「4.改善」、「Plan」「Do」「Check」「Act」のようなフェーズを意味するタグを作成しておき、一つのプロジェクトごとのノートにその時のプロジェクトのフェーズのタグを貼り替えていくことでPDCA管理をするという方法です。

ScreenClip
Evernote単体でもそれぞれのタグをクリックで検索することはできますが、Kanbanoteなら一覧でそれらのノートが文字通り可視化できるようになります。気になるノートをクリックすれば中身が見られますし、ドラッグアンドドロップでノートを移動させればノートブック間の移動とタグの付け替えが同時にできるという優れものです。まさにEvernoteで状態・フェーズ管理をするのに打ってつけのサービスです。またKanbanoteはスマートフォンにはAndroidのみ対応しています。

2.スケジュール管理にピッタリ「Sunrise」

これはEvernoteだけに限らず、様々なカレンダーサービスを集約して、まとめてくれるサービスです。例えばGoogleカレンダーやiCloudカレンダーなどのクラウドカレンダーサービスから、TwitterやLinkedIn、GitHub、Evernoteなどそれ以外のクラウドサービスまで多種多様な連携ができます。

ScreenClip

Evernoteの場合には設定しているリマインダーがカレンダー上に表示されます。

ScreenClip

例えば仕事のカレンダーとプライベートのカレンダーを分けている場合や、スケジュール管理はカレンダー、タスク管理はEvernote、というような使い方をしている場合、使い分けているとはいえ、やはり一覧で見たい時もあるかと思います。そんな時にこのSunriseが役に立ちます。Sunriseから各カレンダーを編集できますし、Evernoteのリマインダーノートの場合は、1クリックでEvernoteの画面に飛ぶことができます。スマートフォンにはiOS、Android両方に対応しています。

3.GmailやFacebookとの連携にピッタリ
「IFTTT、Zapier」

これらは、クラウドサービスとクラウドサービスの間に入って橋渡しをしてくれるハブサービスです。
簡単に言うと、片方のクラウドサービスで何かが起こった時に、もう片方のクラウドサービスに結果を自動で反映させることができます。「何か起こった時」をトリガー、「結果を反映」をアクションといいます。 例えばGmailにメールが来たら、Evernoteにノートを作成する、ということです。
IFTTTは100、Zapierは373ものクラウドサービスに対応しており、もちろんその中にEvernoteが含まれています。

Evernoteと連携させた場合にはこんなことができます。
・Gmailにメールが来たら、Evernoteに保存する
・Facebookに投稿したらEvernoteに内容を保存
・Instagramで写真を撮ったらEvernoteに写真を保存する
・Dropboxにファイルを保存したらEvernoteにも保存する
などなど、ここでは説明しきれないぐらい多様な連携ができます。

ScreenClip

そして細かく条件分岐ができるのも特徴で
例えばGmailに「指定したアドレスから」「添付ファイルのあるメールが来た時」にEvernoteの「メールというノートブック」に「添付というタグをつけて」保存する。といった細かい指定ができます。

IFTTTとZapierではできることにそれほど違いはありませんが、連携できるサービスの種類に違いがあります。また料金体系にも違いがありZapierには無料版と有料版があり、IFTTTは無料版のみになります。Zapierの方が連携できるサービスの種類は豊富ですが、無料版には5つの連携アクションまでしか作れず、また作動する回数は月に100回といった制限があります。Zapierでしかできないことや頻度の少ない連携アクションはZapierに任せて、頻度の高い連携アクションはIFTTTで行う、といった使い分けをするのがおすすめです。

以上、Evernoteと連携できるおすすめのクラウドサービスを4つ紹介しました。Evernoteは十分に便利なサービスですが、他のサービスとの連携でその便利さは2倍にも3倍にもなります。ぜひご活用ください。
また神戸のユーシステムではEvernote Businessを経営に活かすための、Evernote経営術勉強会を開催しています。詳しくはこちら→

関連記事

timecard_man

勤務時間を自動でラクラク集計!

勤務時間の管理といえば、エクセルで計算したり、まだ手書きの勤務表を使っている場合など、システム化され

記事を読む

itblog10

工数管理でムダや改善点を見える化

導入前の課題 案件毎の収支が曖昧で赤字か黒字かわからない状態だった。 何故、社員が忙しい

記事を読む

internet_earth

オンラインストレージサービスとシステムの連携でビジネスを加速しよう

オンラインストレージサービスというと、最近ではDropboxやGoogleDriveなど耳にしたこと

記事を読む

160830_ブログ2

ペーパーレスで経費精算!申請・決裁業務をシステム化するメリット

世の中IT化が進んできたとはいえ、まだまだ紙で運用されている業務は残っているのが現状です。特に経費精

記事を読む

SONY DSC

プロジェクト管理や共同作業をより効率的にするためのEvernote活用

Evernote Businessはプロジェクトの管理など複数人での作業を見える化し効率化することを

記事を読む

150109_scannable_01

スマホがスキャナーに早変わり!?注目のEvernote新アプリとは?

先日Evernoteは新しい公式アプリ「Scannable」を発表しました。これは紙資料をデジタル化

記事を読む

f042

Evernoteによる一歩進んだ名刺管理のやり方

名刺管理はみなさんそれぞれ苦労されているのではないでしょうか。名刺管理はEvernoteが断然おすす

記事を読む

3187602

EvernoteとDropboxって何が違うの?

最近流行りのクラウドサービスですが、たくさん種類があって何が違うのかわからない、という声をよくお

記事を読む

itblog1

社内SNSと連携

社内SNSのコメントを案件にヒモ付ける。 導入前の課題 口頭で伝えただけでは記録が残らない

記事を読む

%e7%b4%99%e8%b3%87%e6%96%99%e5%b1%b1%e7%a9%8d%e3%81%bf

必要な時に見つからない! 普段はいらない過去データ。上手に管理しませんか?

業務では、見積書や報告書、企画書など、様々な書類を作成されていると思います。そして、それらの書類は、

記事を読む

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo
ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部

timecard_man
勤務時間を自動でラクラク集計!

勤務時間の管理といえば、エクセルで計算したり、まだ手書きの勤務表を使っ

→もっと見る

PAGE TOP ↑