スマホがスキャナーに早変わり!?注目のEvernote新アプリとは?

公開日: : 業務効率化

先日Evernoteは新しい公式アプリ「Scannable」を発表しました。これは紙資料をデジタル化させるというアプリで、写真撮影するだけで簡単に資料をスキャンし、Evernoteに保存できます。使い方は簡単でアプリを起動するとカメラが立ち上がるので、スキャンしたい資料をかざすだけです。原稿は自動検出され、撮影ボタンを押さなくても自動で撮影されます。あとは共有ボタンからEvernoteを選択するだけです。

しかしこれまでもEvernoteにはカメラ機能のひとつに「ドキュメント撮影」という機能がありました。この機能でもEvernoteで紙資料を撮影すると、文字が読みやすいようにコントラストが調整され、簡単に保存することができました。これまでカメラ機能とは何が違うの?と思われた方もいるかもしれません。

一番の違いは、撮影した資料の端がトリミング加工され、撮影時の向きや傾きも自動で補正し、まるでスキャナーでスキャンしたかのように、綺麗な長方形に修正してくれる点です。もちろん文字も見やすくコントラストを自動調整してくれます。Evernoteでは、この機能は名刺撮影時のみ対応していましたが、「Scannable」であらゆる紙資料に対応できるようになりました。何より、スキャンに特化したアプリなので、サクサク動き、単純な操作しか必要としない点が最大の魅力です。一度に大量の資料をスキャンしたい時は持ってこいでしょう。ペーパーレスを実現したい方は、ぜひ活用してみてください。

smartphone2_blog

また神戸のユーシステムではEvernote Businessを経営に活かすための、Evernote経営術勉強会を開催しています。詳しくはこちら→

関連記事

itblog1

社内SNSと連携

社内SNSのコメントを案件にヒモ付ける。 導入前の課題 口頭で伝えただけでは記録が残らない

記事を読む

keyboard_typing

Evernote流、一歩進んだ議事録作成術!

そもそも議事録の役割とは 会議などの内容を記録に残すもの、それが議事録です。主に上司への報告や、参加

記事を読む

SONY DSC

プロジェクト管理や共同作業をより効率的にするためのEvernote活用

Evernote Businessはプロジェクトの管理など複数人での作業を見える化し効率化することを

記事を読む

presentation_pc_man

Evernote Businessでプレゼン上手になろう!

プレゼンテーションに欠かせないものといえば、パワーポイントやキーノートなどのソフトで作るスライド資料

記事を読む

160830_ブログ2

ペーパーレスで経費精算!申請・決裁業務をシステム化するメリット

世の中IT化が進んできたとはいえ、まだまだ紙で運用されている業務は残っているのが現状です。特に経費精

記事を読む

itblog3

顧客管理と商談/案件がリンク

導入前の課題 担当者が代わると重要な顧客情報が引き継がれていないことがあった。 受注案件

記事を読む

mokuhyou_tassei_woman

入金確認して回収漏れを絶対になくすために

請求書発行漏れをなくす方法については、以前お話ししましたが、今回は、その後についてです。 請求漏れ

記事を読む

itblog2

進捗がひと目でわかる

導入前の課題 受注した案件の進捗・納期等の一元管理ができていなかったので、状況を確認するのが

記事を読む

160826

工数管理を行って、業務・作業の改善点の糸口を掴もう

「たくさん仕事を受注して、皆で必死に働いてもなぜだか今月も採算が取れていない。」 「残業しなければ

記事を読む

timecard_man

勤務時間を自動でラクラク集計!

勤務時間の管理といえば、エクセルで計算したり、まだ手書きの勤務表を使っている場合など、システム化され

記事を読む

2-1
スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo
ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部

→もっと見る

PAGE TOP ↑