スマホがスキャナーに早変わり!?注目のEvernote新アプリとは?

公開日: : 業務効率化

先日Evernoteは新しい公式アプリ「Scannable」を発表しました。これは紙資料をデジタル化させるというアプリで、写真撮影するだけで簡単に資料をスキャンし、Evernoteに保存できます。使い方は簡単でアプリを起動するとカメラが立ち上がるので、スキャンしたい資料をかざすだけです。原稿は自動検出され、撮影ボタンを押さなくても自動で撮影されます。あとは共有ボタンからEvernoteを選択するだけです。

しかしこれまでもEvernoteにはカメラ機能のひとつに「ドキュメント撮影」という機能がありました。この機能でもEvernoteで紙資料を撮影すると、文字が読みやすいようにコントラストが調整され、簡単に保存することができました。これまでカメラ機能とは何が違うの?と思われた方もいるかもしれません。

一番の違いは、撮影した資料の端がトリミング加工され、撮影時の向きや傾きも自動で補正し、まるでスキャナーでスキャンしたかのように、綺麗な長方形に修正してくれる点です。もちろん文字も見やすくコントラストを自動調整してくれます。Evernoteでは、この機能は名刺撮影時のみ対応していましたが、「Scannable」であらゆる紙資料に対応できるようになりました。何より、スキャンに特化したアプリなので、サクサク動き、単純な操作しか必要としない点が最大の魅力です。一度に大量の資料をスキャンしたい時は持ってこいでしょう。ペーパーレスを実現したい方は、ぜひ活用してみてください。

smartphone2_blog

また神戸のユーシステムではEvernote Businessを経営に活かすための、Evernote経営術勉強会を開催しています。詳しくはこちら→

関連記事

internet_earth

オンラインストレージサービスとシステムの連携でビジネスを加速しよう

オンラインストレージサービスというと、最近ではDropboxやGoogleDriveなど耳にしたこと

記事を読む

SONY DSC

プロジェクト管理や共同作業をより効率的にするためのEvernote活用

Evernote Businessはプロジェクトの管理など複数人での作業を見える化し効率化することを

記事を読む

itblog3

顧客管理と商談/案件がリンク

導入前の課題 担当者が代わると重要な顧客情報が引き継がれていないことがあった。 受注案件

記事を読む

itblog1

社内SNSと連携

社内SNSのコメントを案件にヒモ付ける。 導入前の課題 口頭で伝えただけでは記録が残らない

記事を読む

evernore_mokujipage

Evernoteで検索を使わずにノートを探しやすくする方法

今日から定期的にEvernoteのお悩み解決法やワンポイントテクニックを紹介したいと思います。 今日

記事を読む

presentation_pc_man

Evernote Businessでプレゼン上手になろう!

プレゼンテーションに欠かせないものといえば、パワーポイントやキーノートなどのソフトで作るスライド資料

記事を読む

1

繁忙期を乗り切るための「止まらない」「遅くならない」業務システム

すでに何らかの基幹システム(業務データ、受注や在庫などの管理を行うシステム)をご導入の企業様で、繁忙

記事を読む

printer

Evernote連携アプリを使ってもっと名刺の読み取りを効率的に!

前回はEvernoteによる名刺管理の方法と利点を紹介しました。詳しくはこちら→。しかし当たり前です

記事を読む

%e4%bb%95%e4%ba%8b%e3%81%8c%e5%a4%a7%e5%a4%89%e3%81%aa%e7%94%b7%e3%81%ae%e4%ba%ba

お問い合わせ対応マニュアルを作成してみませんか?

お問い合わせのお電話やメールというのは、どのような職種の企業様であっても必ずあると思います。商品に関

記事を読む

11

Evernoteに最適なスマホはiphoneに決定!? iphoneとの新しい連携法

一昨日21日にappleはios8.1を公開しました。実はios8.0からiphoneには、Ever

記事を読む

サムネイル
クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触

2-1
スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

→もっと見る

PAGE TOP ↑