スマホがスキャナーに早変わり!?注目のEvernote新アプリとは?

公開日: : 業務効率化

先日Evernoteは新しい公式アプリ「Scannable」を発表しました。これは紙資料をデジタル化させるというアプリで、写真撮影するだけで簡単に資料をスキャンし、Evernoteに保存できます。使い方は簡単でアプリを起動するとカメラが立ち上がるので、スキャンしたい資料をかざすだけです。原稿は自動検出され、撮影ボタンを押さなくても自動で撮影されます。あとは共有ボタンからEvernoteを選択するだけです。

しかしこれまでもEvernoteにはカメラ機能のひとつに「ドキュメント撮影」という機能がありました。この機能でもEvernoteで紙資料を撮影すると、文字が読みやすいようにコントラストが調整され、簡単に保存することができました。これまでカメラ機能とは何が違うの?と思われた方もいるかもしれません。

一番の違いは、撮影した資料の端がトリミング加工され、撮影時の向きや傾きも自動で補正し、まるでスキャナーでスキャンしたかのように、綺麗な長方形に修正してくれる点です。もちろん文字も見やすくコントラストを自動調整してくれます。Evernoteでは、この機能は名刺撮影時のみ対応していましたが、「Scannable」であらゆる紙資料に対応できるようになりました。何より、スキャンに特化したアプリなので、サクサク動き、単純な操作しか必要としない点が最大の魅力です。一度に大量の資料をスキャンしたい時は持ってこいでしょう。ペーパーレスを実現したい方は、ぜひ活用してみてください。

smartphone2_blog

また神戸のユーシステムではEvernote Businessを経営に活かすための、Evernote経営術勉強会を開催しています。詳しくはこちら→

関連記事

必要な時に見つからない! 普段はいらない過去データ。上手に管理しませんか?

業務では、見積書や報告書、企画書など、様々な書類を作成されていると思います。そして、それらの書類は、

記事を読む

うっかり忘れのミスを無くす。EvernoteでTo Doリストを作ろう。

Evernoteではノート上にチェックボックスをを作ることができます。下記画像の一番右上のボタンを押

記事を読む

プロジェクト管理や共同作業をより効率的にするためのEvernote活用

Evernote Businessはプロジェクトの管理など複数人での作業を見える化し効率化することを

記事を読む

Evernote Businessをもっと活用できる連携クラウドサービス4選

Evernoteのサービスが開始してか、もうすぐで8年目になります。利用ユーザーは増え続ける一方で、

記事を読む

え!?まさかの三次元のモノまでEvernoteに入れてしまうという考え方

Evernoteに情報を貯めることが習慣になってくると、身の回りの全てがEvernote上にあれば、

記事を読む

工数管理でムダや改善点を見える化

導入前の課題 案件毎の収支が曖昧で赤字か黒字かわからない状態だった。 何故、社員が忙しい

記事を読む

Evernote Businesses導入の第一歩には、業務マニュアルの整備がおすすめ!

Evernote Businessesで共有すべきものとは Evernoteは個人の生産性を高める

記事を読む

ペーパーレスで経費精算!申請・決裁業務をシステム化するメリット

世の中IT化が進んできたとはいえ、まだまだ紙で運用されている業務は残っているのが現状です。特に経費精

記事を読む

Googleから自分のEvernote内のノートを探す方法

ちょっとイメージしづらいかもしれませんので実際に見てみましょう。 上の画像を見てもらえればわか

記事を読む

知らないと損!Evernoteの検索をスピード化する方法。

前回高度な検索についてご紹介しましたが、そもそも検索構文が覚えられない、文字を打つのが面倒、という問

記事を読む

クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触

スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

→もっと見る

PAGE TOP ↑