Evernoteでブログを始めよう。ノートをブログ形式で公開できるサービスとは

公開日: : 情報共有, 業務効率化

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。
さて2015年も始まったばかりですが、年始めには何か新しいことを始めたくなりますよね。今回はEvernote内のノートをそのままブログ形式で公開できるサービス「Postach.io」をご紹介します。ScreenClip始め方は簡単です。Postach.ioのウェブサイトからユーザー登録をして、Evernoteと連携するだけです。テンプレートがいくつか用意され、一般的なブログ機能(RSSフィードやコメント機能)も標準装備なので、誰でも簡単にブログを開設できます。

そしてEvernote内に「Postach.io」というノートブックを作成し、その中のノートに対して、”published”というタグをつければ、そのノートがブログの記事として投稿される、という仕組みになっています。

ブログに記事を投稿するのは、ブログサービスにしろWordPressにしろ、管理画面まで行って、フォームから記事を書き、画像を挿入し、投稿ボタンを押す、という一連の操作が必要になります。難しい操作ではありませんが、毎回となると意外と面倒に感じます。
Postach.ioなら、いつものようにノートを作成しタグをつけるだけ。Evernoteユーザーならこれほど手軽な操作はないでしょう。記事の作成・管理が普段使い慣れたEvernoteでできるので、新しい操作を覚える必要もありません。

さらに有料アカウントなら、一つのEvernoteアカウントで複数のブログを作成したり、ブログに閲覧用パスワードを設定できるようです。ブログとしてだけでなく、Evernoteを持たない人との情報共有など、使い方次第ではさらに様々なシーンで使えそうですね。ぜひ活用してみてください。

またユーシステムではEvernoteをビジネスで活用するための勉強会も行っています。詳しくはこちら→

関連記事

Evernote整理術!「マージ」という考え方

Evernoteに情報を貯める習慣がついてくると、誰しも悩むことがあります。それはノートの数が増えて

記事を読む

Evernote流、一歩進んだ議事録作成術!

そもそも議事録の役割とは 会議などの内容を記録に残すもの、それが議事録です。主に上司への報告や、参加

記事を読む

メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関わる様々なデータを繋げて管理し

記事を読む

Evernoteで見えてくる!効果的な営業指導法

営業の成果が中々上がらず、営業担当者をどのように管理・育成していけばよいのか、お悩みの社長様や上司の

記事を読む

「後で見よう」を手軽に。Webページを丸々Evernoteに保存する方法

EvernoteはWebページ全体または一部をそのまま保存できる「Evernote Web クリッパ

記事を読む

今使っているあの名刺アプリとEvernoteを連携させる裏ワザとは?

前回、前々回とEvernoteで名刺管理を行う方法やメリットなどを解説してきました。しかしすでに名刺

記事を読む

システムとSNSの連携で生産性UP!

昨今インターネットの普及と共に様々なSNSツールが登場しています。SNSツールとは、ソーシャル・ネッ

記事を読む

お問い合わせ対応マニュアルを作成してみませんか?

お問い合わせのお電話やメールというのは、どのような職種の企業様であっても必ずあると思います。商品に関

記事を読む

ペーパーレスで経費精算!申請・決裁業務をシステム化するメリット

世の中IT化が進んできたとはいえ、まだまだ紙で運用されている業務は残っているのが現状です。特に経費精

記事を読む

顧客管理と商談/案件がリンク

導入前の課題 担当者が代わると重要な顧客情報が引き継がれていないことがあった。 受注案件

記事を読む

クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触

スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

→もっと見る

PAGE TOP ↑