Evernoteでブログを始めよう。ノートをブログ形式で公開できるサービスとは

公開日: : 情報共有, 業務効率化

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。
さて2015年も始まったばかりですが、年始めには何か新しいことを始めたくなりますよね。今回はEvernote内のノートをそのままブログ形式で公開できるサービス「Postach.io」をご紹介します。ScreenClip始め方は簡単です。Postach.ioのウェブサイトからユーザー登録をして、Evernoteと連携するだけです。テンプレートがいくつか用意され、一般的なブログ機能(RSSフィードやコメント機能)も標準装備なので、誰でも簡単にブログを開設できます。

そしてEvernote内に「Postach.io」というノートブックを作成し、その中のノートに対して、”published”というタグをつければ、そのノートがブログの記事として投稿される、という仕組みになっています。

ブログに記事を投稿するのは、ブログサービスにしろWordPressにしろ、管理画面まで行って、フォームから記事を書き、画像を挿入し、投稿ボタンを押す、という一連の操作が必要になります。難しい操作ではありませんが、毎回となると意外と面倒に感じます。
Postach.ioなら、いつものようにノートを作成しタグをつけるだけ。Evernoteユーザーならこれほど手軽な操作はないでしょう。記事の作成・管理が普段使い慣れたEvernoteでできるので、新しい操作を覚える必要もありません。

さらに有料アカウントなら、一つのEvernoteアカウントで複数のブログを作成したり、ブログに閲覧用パスワードを設定できるようです。ブログとしてだけでなく、Evernoteを持たない人との情報共有など、使い方次第ではさらに様々なシーンで使えそうですね。ぜひ活用してみてください。

またユーシステムではEvernoteをビジネスで活用するための勉強会も行っています。詳しくはこちら→

関連記事

printer

Evernote連携アプリを使ってもっと名刺の読み取りを効率的に!

前回はEvernoteによる名刺管理の方法と利点を紹介しました。詳しくはこちら→。しかし当たり前です

記事を読む

f042

Evernoteによる一歩進んだ名刺管理のやり方

名刺管理はみなさんそれぞれ苦労されているのではないでしょうか。名刺管理はEvernoteが断然おすす

記事を読む

aaaUAL

今使っているあの名刺アプリとEvernoteを連携させる裏ワザとは?

前回、前々回とEvernoteで名刺管理を行う方法やメリットなどを解説してきました。しかしすでに名刺

記事を読む

webclipper

情報収集にもEvernoteを!Webクリッパーの様々な使い方

Evernoteを活用するうえで、おすすめの使い方のひとつに「情報収集」があります。もちろん企業とし

記事を読む

itblog9

WEBサイトの管理を確実に

導入前の課題 口頭やメールで依頼していたので制作期限が曖昧な場合が多く、作業が遅れがちだった

記事を読む

3187602

EvernoteとDropboxって何が違うの?

最近流行りのクラウドサービスですが、たくさん種類があって何が違うのかわからない、という声をよくお

記事を読む

file11

Evernote Businesses導入の第一歩には、業務マニュアルの整備がおすすめ!

Evernote Businessesで共有すべきものとは Evernoteは個人の生産性を高める

記事を読む

itblog3

顧客管理と商談/案件がリンク

導入前の課題 担当者が代わると重要な顧客情報が引き継がれていないことがあった。 受注案件

記事を読む

kaisya_nakayoshi

Evernoteで見えてくる!効果的な営業指導法

営業の成果が中々上がらず、営業担当者をどのように管理・育成していけばよいのか、お悩みの社長様や上司の

記事を読む

itblog10

工数管理でムダや改善点を見える化

導入前の課題 案件毎の収支が曖昧で赤字か黒字かわからない状態だった。 何故、社員が忙しい

記事を読む

2-1
スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo
ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部

→もっと見る

PAGE TOP ↑