Evernote Businessでプレゼン上手になろう!

公開日: : 業務効率化

mac-presentation-dualプレゼンテーションに欠かせないものといえば、パワーポイントやキーノートなどのソフトで作るスライド資料ですよね。しかしこの資料は意外と作るのに時間がかかりますし、何よりセンスが要求されます。もっと手軽に作れたら、そんな悩みはEvernote Businessのプレゼンテーションモードが解決してくれます。このプレゼンテーションモードはEvernote Businessもしくはプレミアムアカウントでのみ使用可能ですが、無料アカウントの方も30日間はお試しで使えるようです。

やり方は簡単で、デスクトップ版のEvernoteでノートを開き、右上の「プレゼンをする」というボタンが押すだけです。そうするとノートの内容が全画面表示になり、マウスがレーザーポインターのような形になります。
Evernoteのプレゼンモードは上記のソフトとは違い、スライドという概念がないので、どんな長文でもシームレスにスクロールで見せることが出来ます。添付したワード、エクセルやPDFなどにもシームレスで飛ぶことができます。
文字の配置やスライドの構成などを悩む時間がなくなるので、作業効率が大幅に上がります。
また外部ディスプレイやプロジェクターを使っている場合、そちらはプレゼンテーションの画面、PCのほうは通常のの画面にできるので、プレゼン画面見せながら作業もできます。つまりリアルタイムで資料の編集もできるのです。

もちろんパワーポイントやキーノートのように、デザインを凝ったり派手な演出を追加したりはできません。しかし短時間で誰かに説明をするための資料を作るには、Evernote Businessがベストといえるでしょう。毎日のミーティングや小規模の社内会議など、使う場所を選べば大きな力を発揮してくれますね。ぜひ活用してみてください。神戸のユーシステムではEvernote Businessの活用法を学ぶための勉強会も開催しています。詳しくはこちら→

関連記事

Evernote Businessで行う効果的な日報管理法とは

前回は会社利用を前提としたEvernote Businessを使って、社内マニュアルの整備方法を解説

記事を読む

うっかり忘れのミスを無くす。EvernoteでTo Doリストを作ろう。

Evernoteではノート上にチェックボックスをを作ることができます。下記画像の一番右上のボタンを押

記事を読む

日経とEvernoteが提携!?新しく加わる「コンテキスト」ってどんな機能?

現在、Evernoteでノートを作成すると、ノートの内容を元にEvernoteが自動で判断した関連ノ

記事を読む

Evernoteによる一歩進んだ名刺管理のやり方

名刺管理はみなさんそれぞれ苦労されているのではないでしょうか。名刺管理はEvernoteが断然おすす

記事を読む

マニュアル化しにくい業務はEvernoteとYouTubeでマニュアル化しよう

ミスのない業務の進行や効率的な社員育成には、業務マニュアルの整備が欠かせません。前回Evernote

記事を読む

Evernoteで検索を使わずにノートを探しやすくする方法

今日から定期的にEvernoteのお悩み解決法やワンポイントテクニックを紹介したいと思います。 今日

記事を読む

Evernoteで社内の業務ノウハウを可視化・共有しよう

社内には言葉で伝えにくく、経験を必要とする業務が多く存在します。このような業務の情報を社内全員で上手

記事を読む

工数管理を行って、業務・作業の改善点の糸口を掴もう

「たくさん仕事を受注して、皆で必死に働いてもなぜだか今月も採算が取れていない。」 「残業しなければ

記事を読む

GmailとEvernoteの最も効果的な連携方法!

今回はGmailとEvernoteの連携方法を紹介します。 まずGmailはフィルタ機能によって、

記事を読む

Evernote連携アプリを使ってもっと名刺の読み取りを効率的に!

前回はEvernoteによる名刺管理の方法と利点を紹介しました。詳しくはこちら→。しかし当たり前です

記事を読む

クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触

スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

→もっと見る

PAGE TOP ↑