EvernoteとDropboxって何が違うの?

公開日: : 情報共有, 業務効率化

cloud

最近流行りのクラウドサービスですが、たくさん種類があって何が違うのかわからない、という声をよくお聞きします。クラウドサービスの中でもGoogleDriveやDropboxなどのストレージサービスがよく知られているため、Evernoteもそのサービスの一種だとよく混同されている方がいます。確かにEvernoteをストレージサービスのように使うことはできますが、Evernoteはそれらのサービスと決定的に違う点があります。

それは単一のファイルをそれぞれ保管するストレージサービスと違い、複数種類のファイルを好きなようにまとめたり、付加情報が加えられる点です。
このように文字で説明するとわかりづらいかもしれませんが、例えばミーティング後のホワイボードの写真を保存するとします。ストレージサービスならただ写真が1枚保存されるだけです。しかしEvernoteならそこに、いつなんのためのミーティングなのかという経緯のメモを加えたり、そのミーティングで使った資料、録音した音声を加えたりするなど、たった1つの写真にもたくさん付加情報を加えることができます。

つまり電子情報でスクラップブックが作成できるイメージです。これを複数人で共有し、共同編集をしたりなどすれば、さらに活用場面は広がります。

Dropboxなどストレージサービスはただ個々のファイルを保管できるだけですが、Evernoteは使う人の活用次第で、ファイルとファイルを結びつけてより豊かな情報できるという点で、他のサービスと違うのです。
またユーシステムではEvernoteをビジネスで活用するための勉強会も行っています。詳しくはこちら→

関連記事

timecard_man

勤務時間を自動でラクラク集計!

勤務時間の管理といえば、エクセルで計算したり、まだ手書きの勤務表を使っている場合など、システム化され

記事を読む

itblog8

SFAを自社仕様に改造して活用

導入前の課題 商談管理も必要だが、案件毎の営業費用と制作費用を把握したかった。 自社で開

記事を読む

f042

Evernoteによる一歩進んだ名刺管理のやり方

名刺管理はみなさんそれぞれ苦労されているのではないでしょうか。名刺管理はEvernoteが断然おすす

記事を読む

11

Evernoteに最適なスマホはiphoneに決定!? iphoneとの新しい連携法

一昨日21日にappleはios8.1を公開しました。実はios8.0からiphoneには、Ever

記事を読む

SONY DSC

プロジェクト管理や共同作業をより効率的にするためのEvernote活用

Evernote Businessはプロジェクトの管理など複数人での作業を見える化し効率化することを

記事を読む

presentation_pc_man

Evernote Businessでプレゼン上手になろう!

プレゼンテーションに欠かせないものといえば、パワーポイントやキーノートなどのソフトで作るスライド資料

記事を読む

3

メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関わる様々なデータを繋げて管理し

記事を読む

notenecbw_L

いつもの作業が10秒はかどる。知っておきたいEvernoteのショートカットキー

Evernoteは、基本的に、あらゆる操作をキーボードで行えるようになっています。 ここでは、知っ

記事を読む

001

知らないと損!Evernoteの検索をスピード化する方法。

前回高度な検索についてご紹介しましたが、そもそも検索構文が覚えられない、文字を打つのが面倒、という問

記事を読む

icon_1r_192

Evernote Businessで「PDFに注釈」をやってみよう!

8月末のアップデートで、「Evernote for Windows」にPDFに注釈機能が追加されまし

記事を読む

2-1
スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo
ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部

→もっと見る

PAGE TOP ↑