Evernote整理術!「マージ」という考え方

公開日: : 業務効率化

Evernoteに情報を貯める習慣がついてくると、誰しも悩むことがあります。それはノートの数が増えていくにしたがって、目的のノートを探すのが難しくなってくることです。
そうならないためにタグなどをつけて管理する必要がありますが、慣れないうちはタグのつけ忘れや、一度作ったタグと似たタグを作成して、結局探すのに苦労することになってしまいます。ScreenClip

そこで今日紹介するのは、2つ以上のノートを1つにまとめる”マージ”機能です。単純に1つのノート内に複数ノートの内容が、縦に並ぶイメージです。
関連する情報はどんどんマージした方が、ひと目で情報の全体像が見れて、ファイルごとにノートを小分けするより見やすい場合があります。1ノートが長くなっても、検索をすれば、ヒットした文字まで自動でスクロールしてハイライトもされるので、目的の情報にもすぐにたどり着けます。むしろ小分けして大量の検索候補が出てくるよりも、探すスピードはアップします。

マージすると、それぞれの単体のノートはゴミ箱に行くという仕様のため、ゴミ箱から復元すれば、簡単にマージ前の状態に戻すこともできます。誤ってマージしてしまった時も安心です。

整理整頓の基本は物を減らすことからといいます。あまりに情報が多すぎて探すのに時間が掛かっている時は、思い切って、ノートをまとめて数を減らしていくのも1つの手です。ぜひ活用してみてください。seiri_blog
神戸のユーシステムではEvernote Businessを経営に活かすための、Evernote経営術勉強会を開催しています。詳細はこちら→

関連記事

webclipper

「後で見よう」を手軽に。Webページを丸々Evernoteに保存する方法

EvernoteはWebページ全体または一部をそのまま保存できる「Evernote Web クリッパ

記事を読む

150109_scannable_01

スマホがスキャナーに早変わり!?注目のEvernote新アプリとは?

先日Evernoteは新しい公式アプリ「Scannable」を発表しました。これは紙資料をデジタル化

記事を読む

ScreenClip

Evernoteで社内の業務ノウハウを可視化・共有しよう

社内には言葉で伝えにくく、経験を必要とする業務が多く存在します。このような業務の情報を社内全員で上手

記事を読む

f042

Evernoteによる一歩進んだ名刺管理のやり方

名刺管理はみなさんそれぞれ苦労されているのではないでしょうか。名刺管理はEvernoteが断然おすす

記事を読む

meishi_ire

Evernoteの標準機能をフル活用した名刺管理術!

先日Evernoteのカメラ機能がパワーアップし、名刺の自動撮影が可能になり、また文字の認識率も上が

記事を読む

3187602

EvernoteとDropboxって何が違うの?

最近流行りのクラウドサービスですが、たくさん種類があって何が違うのかわからない、という声をよくお

記事を読む

itblog8

SFAを自社仕様に改造して活用

導入前の課題 商談管理も必要だが、案件毎の営業費用と制作費用を把握したかった。 自社で開

記事を読む

Evernote-Web

うっかり忘れのミスを無くす。EvernoteでTo Doリストを作ろう。

Evernoteではノート上にチェックボックスをを作ることができます。下記画像の一番右上のボタンを押

記事を読む

11

Evernoteに最適なスマホはiphoneに決定!? iphoneとの新しい連携法

一昨日21日にappleはios8.1を公開しました。実はios8.0からiphoneには、Ever

記事を読む

IMG_8430-150x150

ついに出た!Evernoteに待望の新機能「ワークチャット」とは?

先日Evernoteでアップデートがあり、新たに「ワークチャット」という機能が追加されました。

記事を読む

2-1
スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo
ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部

→もっと見る

PAGE TOP ↑