Evernoteで検索を使わずにノートを探しやすくする方法

公開日: : 業務効率化

今日から定期的にEvernoteのお悩み解決法やワンポイントテクニックを紹介したいと思います。
今日のテーマは検索機能を使わずに目的のノートを探しやすくする方法です。

Evernoteの最も大きな特徴は検索機能の便利さだと思います。
でも検索のためにキーボードを使うというちょっとした手間が、意外とめんどうだったりしませんか?
めったに探さないノートならまだしも、よく使うノートならマウスのクリックだけで探し出せれば便利ではないでしょうか?
さらに言えば、検索だけで何もかも探し出せるようにしようすると、細かくタグ付けをしなければいけなくなり、結局管理が大変になってしまいます。
そのため、検索だけに頼るのではなく、また違った方法でノートを探しやすくする方法をご紹介したいと思います。

まずはノートリンクを使って目次ノートを作成しましょう。
方法は簡単です。よく使うノートを[Ctrl]+[クリック]で選択していき、右側に出てくる「目次ノートを作成」を押すだけです。

あとはこのノートを見やすく編集をすれば目次ノートの完成です。

 

その目次ノートをショートカットに入れれば、すぐに目次ノートを開くことができ、マウスをクリックしていくだけで目的のノートに到達することができます。
また別の方法としては、ノートの日付をはるか未来に設定しておくと、時系列順に並べた時に必ず先頭に表示されます。例えば、ノートブックごとに未来の日付に設定した目次ノートを作っておくことで、ノートブックごとの先頭に目次ノートを作ることができます。

検索機能と目次ノートのそれぞれの良い面をうまく活用して、Evernoteをより効率的に使っていきましょう!

また神戸のユーシステムではEvernote Businessを経営に活かすための、Evernote経営術勉強会を開催しています。詳しくはこちら→

関連記事

デザインの校正作業にEvernoteを活用しよう

どんな会社でもデザイン制作する場面はあると思います。製品のロゴやパッケージ、パンフレットやチラシある

記事を読む

顧客管理と商談/案件がリンク

導入前の課題 担当者が代わると重要な顧客情報が引き継がれていないことがあった。 受注案件

記事を読む

Evernoteで共有しているノートを快適に整理・管理する方法

Evernote上に複数人でノートブックを共有していると、だんだんとノートブック内が乱雑になってきま

記事を読む

いつもの作業が10秒はかどる。知っておきたいEvernoteのショートカットキー

Evernoteは、基本的に、あらゆる操作をキーボードで行えるようになっています。 ここでは、知っ

記事を読む

工数管理を行って、業務・作業の改善点の糸口を掴もう

「たくさん仕事を受注して、皆で必死に働いてもなぜだか今月も採算が取れていない。」 「残業しなければ

記事を読む

Evernote流、一歩進んだ議事録作成術!

そもそも議事録の役割とは 会議などの内容を記録に残すもの、それが議事録です。主に上司への報告や、参加

記事を読む

知らないと損!Evernoteの検索をスピード化する方法。

前回高度な検索についてご紹介しましたが、そもそも検索構文が覚えられない、文字を打つのが面倒、という問

記事を読む

請求漏れがなくなった!その方法とは?

お客様への請求は、誰がどう管理していますか? 「売上は計上したのに、まだ入金がない!何で?」 「

記事を読む

繁忙期を乗り切るための「止まらない」「遅くならない」業務システム

すでに何らかの基幹システム(業務データ、受注や在庫などの管理を行うシステム)をご導入の企業様で、繁忙

記事を読む

Evernoteの標準機能をフル活用した名刺管理術!

先日Evernoteのカメラ機能がパワーアップし、名刺の自動撮影が可能になり、また文字の認識率も上が

記事を読む

クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触

スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

→もっと見る

PAGE TOP ↑