日経とEvernoteが提携!?新しく加わる「コンテキスト」ってどんな機能?

公開日: : 業務効率化

現在、Evernoteでノートを作成すると、ノートの内容を元にEvernoteが自動で判断した関連ノートが表示されます。その表示対象には、自分のアカウントにあるノートや同僚から共有されたノートが含まれ、そのノートに関連したノートがを簡単に見つけられるという機能があります。

これから加わる「コンテキスト」という機能では、ノートを作成した時に、その内容にマッチする外部メディアの記事が自動的に表示され、手軽に確認できるという機能です。現在は英語版でのみ利用ができ、すでにウォールストリートジャーナル、ダウジョーンズなどといった新聞メディアと提携していて、それらの記事を参照したり、ときには作成中の文書へ引用できます。また引用時には、出典元へのリンクがあわせて表記される仕組みになっています。

日本語版では2015年初頭より利用開始でき、日経新聞の記事をソースとして利用できるようになるようです。現在の所、EvernoteのアカウントはBusinessまたはプレミアムなどの有料アカウントで、さらに日経新聞も電子版の会員でないとこの機能は使えない予定ですが、今後もさらなる日本メディアとの連携を進めていくようです。ユーザーはEvernoteでノートを作っているだけ、必要な情報は全てEvernoteが変わりに調べてくれる、そんな機能を目指しているようです。今後の発展に期待しましょう。
また神戸のユーシステムではEvernote Businessを経営に活かすための、Evernote経営術勉強会を開催しています。詳しくはこちら→

関連記事

evernote_search

これを使えば上級者?Evernoteの高度な検索について

Evernoteでノートを探す時にはキーワードを検索窓に入力して、検索をするのが普通だと思います

記事を読む

evernore_mokujipage

Evernoteで検索を使わずにノートを探しやすくする方法

今日から定期的にEvernoteのお悩み解決法やワンポイントテクニックを紹介したいと思います。 今日

記事を読む

1

繁忙期を乗り切るための「止まらない」「遅くならない」業務システム

すでに何らかの基幹システム(業務データ、受注や在庫などの管理を行うシステム)をご導入の企業様で、繁忙

記事を読む

itblog9

WEBサイトの管理を確実に

導入前の課題 口頭やメールで依頼していたので制作期限が曖昧な場合が多く、作業が遅れがちだった

記事を読む

160830_ブログ2

ペーパーレスで経費精算!申請・決裁業務をシステム化するメリット

世の中IT化が進んできたとはいえ、まだまだ紙で運用されている業務は残っているのが現状です。特に経費精

記事を読む

3

メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関わる様々なデータを繋げて管理し

記事を読む

11

Evernoteに最適なスマホはiphoneに決定!? iphoneとの新しい連携法

一昨日21日にappleはios8.1を公開しました。実はios8.0からiphoneには、Ever

記事を読む

mokuhyou_tassei_woman

入金確認して回収漏れを絶対になくすために

請求書発行漏れをなくす方法については、以前お話ししましたが、今回は、その後についてです。 請求漏れ

記事を読む

itblog10

工数管理でムダや改善点を見える化

導入前の課題 案件毎の収支が曖昧で赤字か黒字かわからない状態だった。 何故、社員が忙しい

記事を読む

meishi_ire

Evernoteの標準機能をフル活用した名刺管理術!

先日Evernoteのカメラ機能がパワーアップし、名刺の自動撮影が可能になり、また文字の認識率も上が

記事を読む

2-1
スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo
ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部

→もっと見る

PAGE TOP ↑