万が一の備えに!Evernoteのバックアップ方法

公開日: : Evernoteビジネス活用

data_assyukuEvernoteに情報が貯まっていくと、心配になるのがバックアップの問題です。一箇所にデータを蓄積できるというのは便利な半面、ほんのちょっとしたトラブルで大量のデータを一瞬で失いかねない、というリスクでもあります。特にEvernote Businessを会社で使われている場合などでは、バックアップはとっておいて損はないでしょう。

もし端末側で誤ってデータを消してしまい、それに気づかず同期してしまったとしたら、クラウド側のデータも一緒に消えてしまいます。もちろんEvernoteでは削除しても、最初はゴミ箱に入り復旧が可能ですし、Evernote Businessのカウントでは、ビジネス領域のノートとノートブックは管理者以外削除できないなど、色々な対策が取られています。

それだけでは不安な方のために、ユーザーができるバックアップの方法を2つ紹介します。
1つ目はノートブックまたはノート単位でバックアップを取る方法です。ノートブックまたはノートを選択し右クリックからエクスポートを選ぶことで、任意の形式でバックアップが保存できます。
2つ目はデータベースのコピーをとる方法です。「ツール」の「オプション」から、「データベースフォルダを開く」を押すとローカルの保存場所を開くことができます。この中身をそのままコピーし、他のフォルダに移せば、バックアップ完了です。フォルダの中身をバックアップと差し替えれば、以前の状態に簡単に戻すことができます。

大事な情報だけで良いなら1つ目、まるごとバックアップをしたい方は2つ目をおすすめします。
そして何よりもバックアップは定期的に実行することが肝心です。安心してEvernoteを使うためにも、1ヶ月毎や3ヶ月毎などルールを決めて、バックアップをとるようにしましょう。
また神戸のユーシステムではEvernote Businessを経営に活かすための、Evernote経営術勉強会を開催しています。詳しくはこちら→

関連記事

ScreenClip

Evernoteで社内の業務ノウハウを可視化・共有しよう

社内には言葉で伝えにくく、経験を必要とする業務が多く存在します。このような業務の情報を社内全員で上手

記事を読む

%e7%b4%99%e8%b3%87%e6%96%99%e5%b1%b1%e7%a9%8d%e3%81%bf

必要な時に見つからない! 普段はいらない過去データ。上手に管理しませんか?

業務では、見積書や報告書、企画書など、様々な書類を作成されていると思います。そして、それらの書類は、

記事を読む

webclipper

情報収集にもEvernoteを!Webクリッパーの様々な使い方

Evernoteを活用するうえで、おすすめの使い方のひとつに「情報収集」があります。もちろん企業とし

記事を読む

l_022

安全な情報管理のためのEvernote活用法

情報化が進む昨今、クラウドサービスの会社利用は当たり前になりつつあります。社内の全ての情報をクラウド

記事を読む

login1

Evernoteで安全にIDやパスワードを管理する方法

あらゆるパソコンの業務やウェブのサービスなどで、IDとパスワードが求められる現在、これらをどのように

記事を読む

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo
ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部

timecard_man
勤務時間を自動でラクラク集計!

勤務時間の管理といえば、エクセルで計算したり、まだ手書きの勤務表を使っ

→もっと見る

PAGE TOP ↑