ついに出た!Evernoteに待望の新機能「ワークチャット」とは?

公開日: : 情報共有, 業務効率化

先日Evernoteでアップデートがあり、新たに「ワークチャット」という機能が追加されました。

ワークチャット機能では、自分の仕事に関係がある他のメンバーと Evernote 内で直接会話することができます。ノートやノートブックを共有したり、意見交換したり、感想をもらったり、同僚との様々なやり取りが瞬時に可能になります。相手は 1 人でも、何人でも構いません。参照が必要なノートまたはノートブックをワークチャットで共有すれば、チャット上に表示され、簡単に開いて編集もできます。もちろん今までの共有と同じように共有相手に対して、閲覧のみや編集可など権限設定が行えます。

workchatワークチャットにメッセージが来れば、リアルタイムで通知が表示されます。今までは新しいノートがないか、それぞれがEvernoteを見に行かなければいけませんでしたが、「このノートを作ったので見てください」という通知が簡単に行えるようになりました。

またチャットなので気軽にやり取りができるというのも利点です。「あのノートってどこにあったっけ?」や「ちょっとこのノートのこの部分を詳しく教えて」など、社内のコミュニケーション活性化に繋がります。

これでEvernoteには、ノートの「閲覧」「編集」「共有」に加えて「会話」という新しい概念が追加されたことになります。これまで個人利用に最適なアプリとして開発されていたEvernoteですが、どんどん会社やチームで使いやすいように進化していっています。またEvernoteは今月11月に複数人のチームでの共同作業に役立つ、さらなるアップデートを行うと発表しています。今後のアップデートにも目が離せません。

また神戸のホームページ制作会社ユーシステムでは、Evernote Businessesで行う経営術の勉強会を開催しています。詳しくはこちら→

関連記事

Evernote流、一歩進んだ議事録作成術!

そもそも議事録の役割とは 会議などの内容を記録に残すもの、それが議事録です。主に上司への報告や、参加

記事を読む

EvernoteとDropboxって何が違うの?

最近流行りのクラウドサービスですが、たくさん種類があって何が違うのかわからない、という声をよくお

記事を読む

Evernoteの標準機能をフル活用した名刺管理術!

先日Evernoteのカメラ機能がパワーアップし、名刺の自動撮影が可能になり、また文字の認識率も上が

記事を読む

オンラインストレージサービスとシステムの連携でビジネスを加速しよう

オンラインストレージサービスというと、最近ではDropboxやGoogleDriveなど耳にしたこと

記事を読む

勤務時間を自動でラクラク集計!

勤務時間の管理といえば、エクセルで計算したり、まだ手書きの勤務表を使っている場合など、システム化され

記事を読む

知らないと損!Evernoteの検索をスピード化する方法。

前回高度な検索についてご紹介しましたが、そもそも検索構文が覚えられない、文字を打つのが面倒、という問

記事を読む

ペーパーレスで経費精算!申請・決裁業務をシステム化するメリット

世の中IT化が進んできたとはいえ、まだまだ紙で運用されている業務は残っているのが現状です。特に経費精

記事を読む

マニュアル化しにくい業務はEvernoteとYouTubeでマニュアル化しよう

ミスのない業務の進行や効率的な社員育成には、業務マニュアルの整備が欠かせません。前回Evernote

記事を読む

Evernote Businessで行う効果的な日報管理法とは

前回は会社利用を前提としたEvernote Businessを使って、社内マニュアルの整備方法を解説

記事を読む

メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関わる様々なデータを繋げて管理し

記事を読む

クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触

スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

→もっと見る

PAGE TOP ↑