GmailとEvernoteの最も効果的な連携方法!

公開日: : 業務効率化

今回はGmailとEvernoteの連携方法を紹介します。

まずGmailはフィルタ機能によって、指定したアドレスから来たメールだけを自動で転送できます。これをEvernoteのアカウントのアドレスに転送するだけで、重要なメールをEvernoteに自動で保存させることができます。しかしこれには欠点があります。自動転送だと保存したメールはデフォルトのノートブックにどんどん溜まっていってしまい、ノートブックもタグも指定ができないため、後から整理をしなくてはいけません。

そこで今日紹介するのは“IFTTT”という無料のWEBサービスを使った連携方法です。このサービスを利用すると、ただ単にGmailからメールを転送するだけでなく、自動転送でもノートブックやタグを指定してメールを保存することができます。転送の条件も、「全てのメール」「指定したアドレスからのメール」「スターを付けたメール」「指定したラベルをつけたメール」「指定した単語が含まれるメール」などから選ぶことができ、それぞれに保存するノートブックやタグを指定することができます。

上手に条件付けをしていくことで、メールの振り分けを自分の思うままに設定できるため、整理の手間がいらなくなり、またEvernoteの検索機能も十二分に活かすことができます。GmailとEvernoteの両方を使われている方は今すぐ試してみてください! 

またユーシステムではEvernote Businessの活用法を学ぶ勉強会を開催しています。詳しくはこちら→

関連記事

mokuji2

Evernoteで共有しているノートを快適に整理・管理する方法

Evernote上に複数人でノートブックを共有していると、だんだんとノートブック内が乱雑になってきま

記事を読む

EVE_seoiriseiton

Evernote整理術!「マージ」という考え方

Evernoteに情報を貯める習慣がついてくると、誰しも悩むことがあります。それはノートの数が増えて

記事を読む

1

業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかしよう!」と思い立ったものの…何

記事を読む

document_seikyusyo

請求漏れがなくなった!その方法とは?

お客様への請求は、誰がどう管理していますか? 「売上は計上したのに、まだ入金がない!何で?」 「

記事を読む

161011_%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b01

システムとSNSの連携で生産性UP!

昨今インターネットの普及と共に様々なSNSツールが登場しています。SNSツールとは、ソーシャル・ネッ

記事を読む

itblog2

進捗がひと目でわかる

導入前の課題 受注した案件の進捗・納期等の一元管理ができていなかったので、状況を確認するのが

記事を読む

IMG_8430-150x150

ついに出た!Evernoteに待望の新機能「ワークチャット」とは?

先日Evernoteでアップデートがあり、新たに「ワークチャット」という機能が追加されました。

記事を読む

evernore_mokujipage

Evernoteで検索を使わずにノートを探しやすくする方法

今日から定期的にEvernoteのお悩み解決法やワンポイントテクニックを紹介したいと思います。 今日

記事を読む

3187602

EvernoteとDropboxって何が違うの?

最近流行りのクラウドサービスですが、たくさん種類があって何が違うのかわからない、という声をよくお

記事を読む

notenecbw_L

いつもの作業が10秒はかどる。知っておきたいEvernoteのショートカットキー

Evernoteは、基本的に、あらゆる操作をキーボードで行えるようになっています。 ここでは、知っ

記事を読む

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo
ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部

timecard_man
勤務時間を自動でラクラク集計!

勤務時間の管理といえば、エクセルで計算したり、まだ手書きの勤務表を使っ

→もっと見る

PAGE TOP ↑