え!?まさかの三次元のモノまでEvernoteに入れてしまうという考え方

公開日: : 業務効率化

Evernoteに情報を貯めることが習慣になってくると、身の回りの全てがEvernote上にあれば、探すのが楽なのになぁ、なんて考えてしまいます。Evernoteのコンセプトは「第二の脳」です。ということでEvernoteには思い出すことだけでも手伝ってもらいましょう。

今回はわかりやすい例で、ダンボールで考えてみます。仮に、本棚にしまいきれなくなった本をダンボールに入れて保管しているとします。しかし、おそらくそのダンボールに何を入れたかは忘れてしまうでしょう。あの本どこやったっけ?となるのは確実です。もしもダンボールが複数あったとしら、一つ一つ中身をひっくり返して、目的の本を探すハメになります。
そこで下の画像のように、Evernoteにダンボールの写真と中身を記録しておきます。そうすれば本のタイトルや作者を検索するだけで、目的の本をどこにしまったかひと目でわかります。

これは本でなくても洋服や趣味で集めているものなどでも可能ですし、あるいは会社の書類棚に置き換えることもできます。情報漏洩防止のために絶対にクラウドに上げられない重要書類なども、この方法だと安全に保管できます。もちろん取りに行く手間は掛かりますが、無駄な書類探しの時間の削減になるでしょう。ぜひ活用してみてください。

また神戸のユーシステムではEvernote Businessを経営に活かすための、Evernote経営術勉強会を開催しています。詳しくはこちら→

関連記事

%e7%b4%99%e8%b3%87%e6%96%99%e5%b1%b1%e7%a9%8d%e3%81%bf

必要な時に見つからない! 普段はいらない過去データ。上手に管理しませんか?

業務では、見積書や報告書、企画書など、様々な書類を作成されていると思います。そして、それらの書類は、

記事を読む

itblog9

WEBサイトの管理を確実に

導入前の課題 口頭やメールで依頼していたので制作期限が曖昧な場合が多く、作業が遅れがちだった

記事を読む

icon_1r_192

Evernote Businessで「PDFに注釈」をやってみよう!

8月末のアップデートで、「Evernote for Windows」にPDFに注釈機能が追加されまし

記事を読む

meishi_ire

Evernoteの標準機能をフル活用した名刺管理術!

先日Evernoteのカメラ機能がパワーアップし、名刺の自動撮影が可能になり、また文字の認識率も上が

記事を読む

itblog8

SFAを自社仕様に改造して活用

導入前の課題 商談管理も必要だが、案件毎の営業費用と制作費用を把握したかった。 自社で開

記事を読む

150109_scannable_01

スマホがスキャナーに早変わり!?注目のEvernote新アプリとは?

先日Evernoteは新しい公式アプリ「Scannable」を発表しました。これは紙資料をデジタル化

記事を読む

bbbUAL

Evernoteで行う、展示会名刺の管理とそのフォロー

展示会は、今まで出会うことのなかった新規顧客を獲得するための貴重な機会です。しかし展示会のその場で即

記事を読む

3

メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関わる様々なデータを繋げて管理し

記事を読む

kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo

ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部長~担当部門~役員・社長などと

記事を読む

EVE_seoiriseiton

Evernote整理術!「マージ」という考え方

Evernoteに情報を貯める習慣がついてくると、誰しも悩むことがあります。それはノートの数が増えて

記事を読む

サムネイル
クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触

2-1
スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

→もっと見る

PAGE TOP ↑