え!?まさかの三次元のモノまでEvernoteに入れてしまうという考え方

公開日: : 業務効率化

Evernoteに情報を貯めることが習慣になってくると、身の回りの全てがEvernote上にあれば、探すのが楽なのになぁ、なんて考えてしまいます。Evernoteのコンセプトは「第二の脳」です。ということでEvernoteには思い出すことだけでも手伝ってもらいましょう。

今回はわかりやすい例で、ダンボールで考えてみます。仮に、本棚にしまいきれなくなった本をダンボールに入れて保管しているとします。しかし、おそらくそのダンボールに何を入れたかは忘れてしまうでしょう。あの本どこやったっけ?となるのは確実です。もしもダンボールが複数あったとしら、一つ一つ中身をひっくり返して、目的の本を探すハメになります。
そこで下の画像のように、Evernoteにダンボールの写真と中身を記録しておきます。そうすれば本のタイトルや作者を検索するだけで、目的の本をどこにしまったかひと目でわかります。

これは本でなくても洋服や趣味で集めているものなどでも可能ですし、あるいは会社の書類棚に置き換えることもできます。情報漏洩防止のために絶対にクラウドに上げられない重要書類なども、この方法だと安全に保管できます。もちろん取りに行く手間は掛かりますが、無駄な書類探しの時間の削減になるでしょう。ぜひ活用してみてください。

また神戸のユーシステムではEvernote Businessを経営に活かすための、Evernote経営術勉強会を開催しています。詳しくはこちら→

関連記事

bbbUAL

Evernoteで行う、展示会名刺の管理とそのフォロー

展示会は、今まで出会うことのなかった新規顧客を獲得するための貴重な機会です。しかし展示会のその場で即

記事を読む

%e7%b4%99%e8%b3%87%e6%96%99%e5%b1%b1%e7%a9%8d%e3%81%bf

必要な時に見つからない! 普段はいらない過去データ。上手に管理しませんか?

業務では、見積書や報告書、企画書など、様々な書類を作成されていると思います。そして、それらの書類は、

記事を読む

IMG_8430-150x150

ついに出た!Evernoteに待望の新機能「ワークチャット」とは?

先日Evernoteでアップデートがあり、新たに「ワークチャット」という機能が追加されました。

記事を読む

postachio

Evernoteでブログを始めよう。ノートをブログ形式で公開できるサービスとは

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。 さて2015年も始まったばかり

記事を読む

1

業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかしよう!」と思い立ったものの…何

記事を読む

11

Evernoteに最適なスマホはiphoneに決定!? iphoneとの新しい連携法

一昨日21日にappleはios8.1を公開しました。実はios8.0からiphoneには、Ever

記事を読む

file11

Evernote Businesses導入の第一歩には、業務マニュアルの整備がおすすめ!

Evernote Businessesで共有すべきものとは Evernoteは個人の生産性を高める

記事を読む

itblog8

SFAを自社仕様に改造して活用

導入前の課題 商談管理も必要だが、案件毎の営業費用と制作費用を把握したかった。 自社で開

記事を読む

mokuhyou_tassei_woman

入金確認して回収漏れを絶対になくすために

請求書発行漏れをなくす方法については、以前お話ししましたが、今回は、その後についてです。 請求漏れ

記事を読む

evernote_search

これを使えば上級者?Evernoteの高度な検索について

Evernoteでノートを探す時にはキーワードを検索窓に入力して、検索をするのが普通だと思います

記事を読む

2-1
スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo
ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部

→もっと見る

PAGE TOP ↑