Evernoteによる一歩進んだ名刺管理のやり方

公開日: : 業務効率化

名刺管理はみなさんそれぞれ苦労されているのではないでしょうか。名刺管理はEvernoteが断然おすすめです。

Evernoteは写真を放り込んでも、OCR化して文字を読み取ってくれるので、検索がはかどります。さらに後から情報を付け加えるのも簡単です。方法は簡単です。スマートフォン用のEvernoteから写真機能を呼び出せば、名刺用カメラが起動できますので、それで撮影をするだけ。あとは作成されたノートにメモを付け加えるだけです。大量に名刺を読み取りたい場合は、「Scan Snap」などの機械と連携させる方法もあります。

Evernoteの名刺管理の何が良いのかというと、複雑な管理が不要なことです。丁寧に会社ごとや出会った日付ごとにフォルダ管理などをしなくても、Evernoteの優れた検索機能で簡単に目的の名刺を探すことができます。

またその逆に徹底的に整理することもできます。後から情報を加えるのが簡単なので、名刺交換をした時の状況や話した内容をメモしたり、あるいは関連したプロジェクトや案件、他の名刺などのノートに紐付けておくと、保存された名刺が誰なのかが思い出しやすくなります。

よく使う名刺は詳細に記録し、使うか使わないかわからないような名刺は雑多に保存しておくという、二通りのやり方ができる点でEvernoteでの名刺管理は優れています。ever_meishi

また神戸のユーシステムではEvernote Businessを経営に活かすための、Evernote経営術勉強会を開催しています。詳しくはこちら→

関連記事

new

GmailとEvernoteの最も効果的な連携方法!

今回はGmailとEvernoteの連携方法を紹介します。 まずGmailはフィルタ機能によって、

記事を読む

document_seikyusyo

請求漏れがなくなった!その方法とは?

お客様への請求は、誰がどう管理していますか? 「売上は計上したのに、まだ入金がない!何で?」 「

記事を読む

mokuji2

Evernoteで共有しているノートを快適に整理・管理する方法

Evernote上に複数人でノートブックを共有していると、だんだんとノートブック内が乱雑になってきま

記事を読む

ScreenClip

Evernoteで社内の業務ノウハウを可視化・共有しよう

社内には言葉で伝えにくく、経験を必要とする業務が多く存在します。このような業務の情報を社内全員で上手

記事を読む

webclipper

「後で見よう」を手軽に。Webページを丸々Evernoteに保存する方法

EvernoteはWebページ全体または一部をそのまま保存できる「Evernote Web クリッパ

記事を読む

youtube

マニュアル化しにくい業務はEvernoteとYouTubeでマニュアル化しよう

ミスのない業務の進行や効率的な社員育成には、業務マニュアルの整備が欠かせません。前回Evernote

記事を読む

presentation_pc_man

Evernote Businessでプレゼン上手になろう!

プレゼンテーションに欠かせないものといえば、パワーポイントやキーノートなどのソフトで作るスライド資料

記事を読む

kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo

ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部長~担当部門~役員・社長などと

記事を読む

1

業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかしよう!」と思い立ったものの…何

記事を読む

1

繁忙期を乗り切るための「止まらない」「遅くならない」業務システム

すでに何らかの基幹システム(業務データ、受注や在庫などの管理を行うシステム)をご導入の企業様で、繁忙

記事を読む

サムネイル
クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触

2-1
スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

→もっと見る

PAGE TOP ↑