Evernoteによる一歩進んだ名刺管理のやり方

公開日: : 業務効率化

名刺管理はみなさんそれぞれ苦労されているのではないでしょうか。名刺管理はEvernoteが断然おすすめです。

Evernoteは写真を放り込んでも、OCR化して文字を読み取ってくれるので、検索がはかどります。さらに後から情報を付け加えるのも簡単です。方法は簡単です。スマートフォン用のEvernoteから写真機能を呼び出せば、名刺用カメラが起動できますので、それで撮影をするだけ。あとは作成されたノートにメモを付け加えるだけです。大量に名刺を読み取りたい場合は、「Scan Snap」などの機械と連携させる方法もあります。

Evernoteの名刺管理の何が良いのかというと、複雑な管理が不要なことです。丁寧に会社ごとや出会った日付ごとにフォルダ管理などをしなくても、Evernoteの優れた検索機能で簡単に目的の名刺を探すことができます。

またその逆に徹底的に整理することもできます。後から情報を加えるのが簡単なので、名刺交換をした時の状況や話した内容をメモしたり、あるいは関連したプロジェクトや案件、他の名刺などのノートに紐付けておくと、保存された名刺が誰なのかが思い出しやすくなります。

よく使う名刺は詳細に記録し、使うか使わないかわからないような名刺は雑多に保存しておくという、二通りのやり方ができる点でEvernoteでの名刺管理は優れています。ever_meishi

また神戸のユーシステムではEvernote Businessを経営に活かすための、Evernote経営術勉強会を開催しています。詳しくはこちら→

関連記事

ScreenClip

Evernoteで社内の業務ノウハウを可視化・共有しよう

社内には言葉で伝えにくく、経験を必要とする業務が多く存在します。このような業務の情報を社内全員で上手

記事を読む

meishi_ire

Evernoteの標準機能をフル活用した名刺管理術!

先日Evernoteのカメラ機能がパワーアップし、名刺の自動撮影が可能になり、また文字の認識率も上が

記事を読む

ScreenClip5

え!?まさかの三次元のモノまでEvernoteに入れてしまうという考え方

Evernoteに情報を貯めることが習慣になってくると、身の回りの全てがEvernote上にあれば、

記事を読む

itblog1

社内SNSと連携

社内SNSのコメントを案件にヒモ付ける。 導入前の課題 口頭で伝えただけでは記録が残らない

記事を読む

evernore_mokujipage

Evernoteで検索を使わずにノートを探しやすくする方法

今日から定期的にEvernoteのお悩み解決法やワンポイントテクニックを紹介したいと思います。 今日

記事を読む

3187602

EvernoteとDropboxって何が違うの?

最近流行りのクラウドサービスですが、たくさん種類があって何が違うのかわからない、という声をよくお

記事を読む

postachio

Evernoteでブログを始めよう。ノートをブログ形式で公開できるサービスとは

あけましておめでとうございます。本年もどうぞよろしくお願い致します。 さて2015年も始まったばかり

記事を読む

bbbUAL

Evernoteで行う、展示会名刺の管理とそのフォロー

展示会は、今まで出会うことのなかった新規顧客を獲得するための貴重な機会です。しかし展示会のその場で即

記事を読む

150109_scannable_01

スマホがスキャナーに早変わり!?注目のEvernote新アプリとは?

先日Evernoteは新しい公式アプリ「Scannable」を発表しました。これは紙資料をデジタル化

記事を読む

ScreenClip3

デザインの校正作業にEvernoteを活用しよう

どんな会社でもデザイン制作する場面はあると思います。製品のロゴやパッケージ、パンフレットやチラシある

記事を読む

サムネイル
クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触

2-1
スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

→もっと見る

PAGE TOP ↑