スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

公開日: : Salesforce

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか?
手帳やカレンダーだったり、エクセルで管理されている方もいらっしゃると思います。
ですがスケジュールの変更があったりすると、書き直しをしなければならなかったり、再編集し再配布しなければならないなど、手間が増えたり、スケジュールの連絡漏れが起こったりなど、スケジュールの変更によって、本来必要のない仕事が増えてしまって頭を抱えられたことがある方がきっといらっしゃると思います。

2-1

何かと手間が多いスケジュール管理を今こそ何とかしたいとお考えの方!
スケジュールをWEB上で手軽に管理してみませんか?

スケジュールをWEB上で管理するメリットとして以下のことがあげられます。
・定期的なイベントを簡単に登録できる
・更新したスケジュールを瞬時に共有できる
・スマートフォンからの編集もできるので、外出先からでもスケジュールの変更ができる
・登録したメンバーのみでスケジュールを共有できる
・リマインダー(通知)機能を使って予定の通知確認を行える
この5点が大きなメリットだと思います。

しかし、
どのアプリケーション使えばいいか分からない…
手書きのほうが詳細をまとめやすい…
大切なスケジュールなのでセキュリティが厳重じゃないと心配…
そのように考えられている方もいらっしゃると思います。
そんな方に是非オススメしたいのが、WEB上でスケジュールを詳しく編集でき、管理することができる、セールスフォース・ドットコム社の「セールスフォース」です。

「セールスフォース」とは、 顧客・取引先のデータ管理、業務のプロジェクト管理、業務の行動管理、営業支援等をよりスムーズにするための、WEB上で使用するアプリケーションツールです。
組織に合わせた様々なカスタマイズを行うことができるため、会社規模や業種等関係なく、幅広い分野の企業に導入されています。
また、セキュリティの面でも高い信頼性があり、顧客情報や社内情報を管理・共有する
ツールとして安心して使用することができます。

そして、その「セールスフォース」の機能の一つとして今回ご紹介するのが、 「セールスフォース 」内の機能の一つ、カレンダーです。
「セールスフォース 」を使用している組織やチーム内だけで、顧客情報や社内情報と同じように、WEB上でスケジュールを共有することができます。

セールスフォースならではのスケジュール管理

Imageセールスフォース カレンダー機能

「セールスフォース」 のカレンダーでは、所属している組織内でスケジュールを共有することができ、カレンダーに組織内メンバーのイベントが表示され、一目で確認することができます。

しかしながらスケジュール共有だけの機能だったら、「セールスフォース」以外のスケジュールアプリケーションでも、十分対応しているものがたくさんあります。
それでもなお、「セールスフォース」でスケジュール管理をすることをおススメする理由があるのです!

セールスフォースの紐付け機能を使ってより便利なスケジュールに!

「セールスフォース」のカレンダーをおススメする理由は組織内メンバーとの共有機能だけではありません。
スケジュールに予定を入力する際、たとえば取引先への出張の予定を入れていた場合、どこの取引先で住所電話番号は?どのような案件で契約をしているか?などを調べなければならないことがあるかもしれません。
そのような時に便利なのが、「セールスフォース」のスケジュールと取引先情報の紐付け機能です。
Imageスケジュール作成画面

事前に登録している取引先や取引先との案件、今までどのようなやり取りをしてきたかなどをスケジュールに紐付けることによって、カレンダーに登録したスケジュールからそれらの詳細情報へ簡単にアクセスすることができるのです!

「セールスフォース」のカレンダーは、このようにスケジュールを取引先や取引先との案件へ簡単に紐付けて一括で管理することができるのが大きな強みです。
取引先情報や案件の情報を検索する時間を省いて、カレンダーにまとめられたスケジュールだけで手軽に取引先情報や案件へアクセスできる、そのような非常に利便性が高いスケジュールを作成することができるのです。

また、スケジュール登録の際には、定期的な予定の一括登録や、スケジュールのアラーム通知機能も選択でき、重要なイベントを埋もれさせることなく確認することができます。

スケジュール作成のたった1ページだけで、
・取引先・取引先案件への情報の紐付け
・定期的な予定の一括登録
・アラーム通知設定

上記の管理ができ、なおかつそれがカレンダーへ反映され、組織やチームで共有できるため、わざわざカレンダーへ事細かなスケジュールを登録しなくても、手軽で簡単に詳細なスケジュールの情報共有ができるのです!

また、外出先でスケジュールの確認をしたいときは、Android 端末や iPhone および iPad デバイス向けの「セールスフォース1」を使用することで、スマートフォンでもスケジュールの確認、追加、編集が可能です。
外出先から急に入った予定の追加や、予定の確認は、スマートフォンさえあれば、電話やメールを介さなくていいため、どこにいてもWEB上でスケジュールを確認・共有をすることができます!

さらに、出先からスケジュールにアクセスすることができるため、スケジュールに紐付けしている取引先の住所や電話番号、案件の確認などがどこにいてもスムーズにできることが大きな魅力ではないでしょうか。

2-2

このように、大変便利な「セールスフォース」のカレンダー機能を大いに活用して、利便性の高いスケジュールをWEB上で効率よく管理・共有しましょう!

「セールスフォース」 の導入、「セールスフォース」 を使用したスケジュール管理の導入など、お困りのことがあれば、ぜひユーシステムにお問い合わせください!

関連記事

入金確認して回収漏れを絶対になくすために

請求書発行漏れをなくす方法については、以前お話ししましたが、今回は、その後についてです。 請求漏れ

記事を読む

システムとSNSの連携で生産性UP!

昨今インターネットの普及と共に様々なSNSツールが登場しています。SNSツールとは、ソーシャル・ネッ

記事を読む

SFAを自社仕様に改造して活用

導入前の課題 商談管理も必要だが、案件毎の営業費用と制作費用を把握したかった。 自社で開

記事を読む

会議中に簡単ToDo設定

導入前の課題 会議で指示したことが守られなかったり、忘れられたりすることがよくあった。

記事を読む

ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部長~担当部門~役員・社長などと

記事を読む

顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理しているメモやスケッチレベルのものから

記事を読む

ペーパーレスで経費精算!申請・決裁業務をシステム化するメリット

世の中IT化が進んできたとはいえ、まだまだ紙で運用されている業務は残っているのが現状です。特に経費精

記事を読む

メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関わる様々なデータを繋げて管理し

記事を読む

社内SNSと連携

社内SNSのコメントを案件にヒモ付ける。 導入前の課題 口頭で伝えただけでは記録が残らない

記事を読む

お問い合わせ対応マニュアルを作成してみませんか?

お問い合わせのお電話やメールというのは、どのような職種の企業様であっても必ずあると思います。商品に関

記事を読む

クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触

スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

→もっと見る

PAGE TOP ↑