顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

公開日: : Salesforce

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。
各個人が管理しているメモやスケッチレベルのものから、企業として管理する顧客情報や案件情報など、業種によっては製造に関するもの、生産に関するものなど、ありとあらゆる情報があると思います。

みなさんの会社では、どのようにこれらの情報を管理していますか?
実はまだ紙ベースで管理している…という会社もあるでしょうし、
Excelなどの身近なソフトを利用している会社もあるでしょう。
専用のソフトを使って管理している会社も多いのではないでしょうか。
顧客管理はこのソフト、案件管理はこのソフト、経理はこっち、というように、分けて使っている会社が多いように感じます。
必要に応じて使用するソフトを増やし、それぞれのソフトは互換性がないため、分けて使う以外方法がなかった…というご相談を受けることもよくあります。

できればさまざまな情報を一元管理したい!とお考えの方、実は「Salesforce」を使ってそれを実現することができるのです。
今回は当社で実際に使っているSalesforceを例に、顧客情報や案件情報をまとめて管理する方法をご紹介します。業務の流れに沿ってご説明しますので、イメージしながらご覧くださいね。

顧客管理をSalesforceで

新規のお客様からお問合せがあり「ホームページをリニューアルしたい」とのこと。
さっそくお打合せに伺い、どんなホームページにしたいか、現状からの改善点などを話し合います。
帰社後、お客様にいただいた名刺を元に、顧客情報を登録します。

170419_1入力画面はこんな感じ。
お客様の会社名、所在地、電話番号やFAX番号を入力していきます。
いつ、どんな内容でお問合せをいただいたかなど、メモを記入しておけば、社内での引継ぎがある場合もスムーズです。

会社の情報を登録したら、次は担当者の情報も登録します。
お打合せにご参加いただいた担当者、その上司…など、会社の情報と紐づけて管理できます。

170419_2ここまで入力すれば、顧客情報の登録は完了です。
必要項目を順に入力していくだけでいいので、専門の知識もいらず、昨日入社した新人も使うことができます。

登録してある顧客情報は「取引先」として保存され、検索して探し出したり、一覧表示にしたりすることができます。
担当者の情報も、会社情報と紐づけて保存されるので、例えば電話をするために名刺を引っ張りだすことはありません。
会社名で検索し、会社情報を開けば、担当者情報を見ることができるのです。

案件情報は顧客情報と紐づける!

登録した顧客情報は、下図のように閲覧することができます。

170419_3先ほど入力した担当者の情報をはじめ、関連するデータをまとめて見ることができるようになっています。
さらに、Dropbox、Evernoteとも連携ができるので、用途に応じたクラウドサービスを使いつつ、ひとつにまとめて見ることもできます。
例えばEvernoteは音声や手書きのメモなど、雑多な情報を管理するのに長けているので、商談時の録音音声ファイルやスケッチをまとめるのに使っていますが、それをSalesforceにも連携して表示させています。
複数のクラウドサービスを使い分けつつ、まとめて見ることもできるのが、Salesforceの便利なところです。

案件情報は下図のような「プロジェクト」の画面から入力します。

170419_4当社のSalesforceでは、受注するまでの商談や見積作成などのフェーズと、受注したあとの納期の管理や請求などのフェーズを案件として登録し、管理しています。
商談が発生した時点で「プロジェクト」を作成し、その案件の見積金額や納期などを入力します。
作業開始後は、適宜このプロジェクト情報を更新して使います。

さらに、この案件に関連するファイルを添付することもできます。
私は見積書や、提案書などをここに登録していますが、あとで見返すとき、どんな案件だったか、どういう経緯でどんな提案をしたのか、など、詳しく見ることができるのでとても便利です。

当社では作業工数の管理もSalesforceでしているので、案件の金額に対して、どれぐらい工数がかかっているのか、つまり、この案件は黒字なのか赤字なのか、というところまで正確に分かります。
赤字になってしまった案件を見直すことで、「どうして赤字になってしまったのか」を考えるヒントを得ることができます。

経費やToDo管理もできる

案件に紐づく情報として、経費やToDO管理もできます。
例えばホームページを作成する際、サーバーやドメインなど、実際の制作費ではなく、管理会社に支払う費用があります。当社ではこれを経費として登録し、案件ごとに管理しています。これによって、この案件にいくら経費がかかったか、が分かります。
お客様とのお打合せにお伺いするときの交通費も、経費として登録します。

案件によっては「年1回更新の連絡が必要」や「10日に支払をする」などといった、ToDo管理が必要なものもあります。
SalesforceではこのToDo管理も案件ごと、顧客ごとにまとめることができるのです。
忘れないうちにToDoを登録しておけば、通知が来るので、うっかり忘れをふせぐことができます。
複数の案件を同時に進行することが多いので、ひとつひとつのToDo項目を覚えておくことは難しいのですが、Salesforceへの登録さえ忘れずに済ませておけば、あとは通知を待つだけにすることができます。

まとめ

当社での使い方をご紹介しましたが、Salesforceのいいところは使う側の用途や利便性に合わせて、カスタマイズできるところです。
市販のパッケージソフトでは叶わない
「ここがもうちょっと変えられれば…」
「この機能は要らないのに…」
「2つのソフトのちょうど間のものがあればいいのに…」といったお悩みを
解決することができます。
何より、自社に合ったシステムは使う人、つまり社員のストレスになることもありません。
システムにお困りの方、お悩みの方は、ぜひユーシステムにお問合せください。

関連記事

mokuhyou_tassei_woman

入金確認して回収漏れを絶対になくすために

請求書発行漏れをなくす方法については、以前お話ししましたが、今回は、その後についてです。 請求漏れ

記事を読む

kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo

ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部長~担当部門~役員・社長などと

記事を読む

itblog10

工数管理でムダや改善点を見える化

導入前の課題 案件毎の収支が曖昧で赤字か黒字かわからない状態だった。 何故、社員が忙しい

記事を読む

itblog8

SFAを自社仕様に改造して活用

導入前の課題 商談管理も必要だが、案件毎の営業費用と制作費用を把握したかった。 自社で開

記事を読む

itblog2

進捗がひと目でわかる

導入前の課題 受注した案件の進捗・納期等の一元管理ができていなかったので、状況を確認するのが

記事を読む

160826

工数管理を行って、業務・作業の改善点の糸口を掴もう

「たくさん仕事を受注して、皆で必死に働いてもなぜだか今月も採算が取れていない。」 「残業しなければ

記事を読む

1

繁忙期を乗り切るための「止まらない」「遅くならない」業務システム

すでに何らかの基幹システム(業務データ、受注や在庫などの管理を行うシステム)をご導入の企業様で、繁忙

記事を読む

internet_earth

オンラインストレージサービスとシステムの連携でビジネスを加速しよう

オンラインストレージサービスというと、最近ではDropboxやGoogleDriveなど耳にしたこと

記事を読む

itblog9

WEBサイトの管理を確実に

導入前の課題 口頭やメールで依頼していたので制作期限が曖昧な場合が多く、作業が遅れがちだった

記事を読む

160830_ブログ2

ペーパーレスで経費精算!申請・決裁業務をシステム化するメリット

世の中IT化が進んできたとはいえ、まだまだ紙で運用されている業務は残っているのが現状です。特に経費精

記事を読む

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo
ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部

timecard_man
勤務時間を自動でラクラク集計!

勤務時間の管理といえば、エクセルで計算したり、まだ手書きの勤務表を使っ

→もっと見る

PAGE TOP ↑