業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。
「よし、何とかしよう!」と思い立ったものの…何から取り組めばいいのか?
人を増やす?優秀な経験者を採用する?
いえいえ、今の環境でも、少し工夫するだけで変わるのです。
では、どうすればいいのでしょうか?
参考ブログ
「進捗がひと目でわかる」

情報はあるのに、わかってない?!

「毎日、ちゃんと業務日誌をつけています。」
「毎週、チームで報告会議をしています。」
などという企業も多いと思います。
「業務日誌で記録して、報告会議で共有して、フツーに進捗管理をしていても、なぜか納期に遅れてしまった…。」
「せっかく納期ギリギリ間に合ったのに、他の作業が後回しになって催促がきてしまった…。」
こんな風に、組織全体で見ると、なかなか計画どおりにはいかないことがあるものです。(進捗管理しているはずなのに!)

1上司が部下の業務日誌に目を通していても、紙(ノート)・メール・ワード・エクセルなどで、部下ごと1日ごとにバラバラの業務日誌では、個別の進捗確認は、かなり難しくなります。
結局は、上司の頭の中で、
「今月は、担当が変わったばかりだけど大丈夫かな?」
「あの案件は、そろそろ部下に報告させないと!」
というアバウトな把握しかできないハメになりがちです。

記憶力が良い人なら、何も記録しなくても、
「まかせて!だいたい把握してるから!」
と笑って言えるかもしれません。
でも、納期前の大事な場面で、担当者が休暇や出張だったら?
いつもいつも、休暇中の担当者の携帯電話を鳴らすわけにもいきません。

以前の当社も、1人ずつ個別に作業記録をつけ、毎朝会議室でミーティングして、全員が報告し、全員で進捗確認していました。
それでも、やっぱり新入社員の担当や、納期が重なった案件などで、把握しきれない作業遅れが発生することがありました。
「セールスフォース」を導入して、議事録のワードをメールで共有するのをやめてからは、いつでも全員の作業内容が確認でき、業務日誌を書く手間も省けるようになりました。

「セールスフォース」でプロジェクト管理できるシステムを活用すれば、担当者が1つのデータを入力するだけで、取引先・案件・担当者ごとなどに紐付いてくれるため、場面ごとに違った切り口から、現状を確認できるようになります。
「セールスフォース」は、クラウド型のソフトウェアで、社内でも社外でも情報共有できる営業支援・顧客管理等のサービスです。
当社では、「セールスフォース」の特徴を活かしたプロジェクト管理により、チーム全体で作業効率化を図り、その結果が経営品質向上につながっています。

情報は、1つにまとめて共有する

社内システムがあり、情報を入力していても、そのデータを活用できなければ、何も変わりません。
「セールスフォース」では、プロジェクトごとに関連情報がまとめられるので、1つのプロジェクトに関する情報を探し回る必要がありません。(システム内を検索しなくても、一目で確認できます!)
並行して進む複数の案件を管理する場合は、必要な案件の必要な項目を1つの画面に表示させるだけです。
例えば、まだ検収済になっていない案件の予算・納期・作業工数などをまとめるには、レポート機能が便利です。
レポートは、マウス操作だけで作成でき、納期順、案件ごとの抽出や月別集計など、チームに必要なデータが表示できます。
1つのレポートを共有すれば、チーム全体で、同じ状況を確認できるので、わざわざ報告書類を印刷して、全員ゾロゾロ会議室に集まらなくてもよくなり、ワードで議事録を作らなくても済むのです。

わざわざの会議室ミーティングの代わりになるのは、「セールスフォース」のダッシュボード機能です。
レポート機能で詳細を把握し、ダッシュボード機能で、
「案件がどのぐらい切迫しているのか?」
「チームの目標達成度はどの程度か?」
を視覚的に確認する、というように各機能を活用して、進捗確認を簡単にしましょう。

まとめたら、見える化できる

今まで、紙や個人のパソコンに記録していた情報を、共有するところから始めます。共有は、ただ、ワードやエクセルに記録したファイルを1か所に保存する、ということではありません。
「1つのデータの集まりにすること」「一括して利用できるデータにすること」で共有できるデータになります。

データの共有を始める時は、一度に、社内の全ての部門や、全ての情報をシステム化しようとしなくてもよいのです。
まずは、ある部門で、あるデータだけ、担当者に入力してもらえば、OKです。
そのデータの入力が習慣化していけば、データを抽出・集計したり、画面で見たり、ファイルに書き出したり、外出先で見たり、使い方が広がっていきます。

「社内にシステムに詳しい社員がいないので、新しいシステムを導入しても、使いこなせないかも…。」
と、心配に思うかもしれません。
「セールスフォース」のレポート機能・ダッシュボード機能は、入力した項目から、必要なものをマウスで選択すればよいだけなので、パソコンが得意でない社員でも、自分で作成できます。

image

クラウド型のソフトウェア「セールスフォース」を使ってみれば、
 ・紙に書くより早く入力できる。
 ・検索ができる。
 ・メンバーがいつでも見られる。
 ・自分で簡単にデータを利用できる。
わけです。
当社で初めて「セールスフォース」を利用した社員も、
「気が付いたら、毎日使っています。今では無いと困ります。」
と言っています。

まとめ

紙の記録・個人のパソコンにしかない情報を洗い出して、みんなが見えるようにすること、当たり前そうでまだできていない情報をまとめてみることで、驚くほど無駄だった作業がわかってきます。毎日必要なデータの一元化が、チームの意識を変える第一歩になります。
どの部署から手をつければよいか?何のデータをどう活用できるか?などのお問い合わせは、神戸のシステム開発会社ユーシステムにご相談ください。

関連記事

会議中に簡単ToDo設定

導入前の課題 会議で指示したことが守られなかったり、忘れられたりすることがよくあった。

記事を読む

ついに出た!Evernoteに待望の新機能「ワークチャット」とは?

先日Evernoteでアップデートがあり、新たに「ワークチャット」という機能が追加されました。

記事を読む

Evernoteで社内の業務ノウハウを可視化・共有しよう

社内には言葉で伝えにくく、経験を必要とする業務が多く存在します。このような業務の情報を社内全員で上手

記事を読む

日経とEvernoteが提携!?新しく加わる「コンテキスト」ってどんな機能?

現在、Evernoteでノートを作成すると、ノートの内容を元にEvernoteが自動で判断した関連ノ

記事を読む

EvernoteとDropboxって何が違うの?

最近流行りのクラウドサービスですが、たくさん種類があって何が違うのかわからない、という声をよくお

記事を読む

オンラインストレージサービスとシステムの連携でビジネスを加速しよう

オンラインストレージサービスというと、最近ではDropboxやGoogleDriveなど耳にしたこと

記事を読む

マニュアル化しにくい業務はEvernoteとYouTubeでマニュアル化しよう

ミスのない業務の進行や効率的な社員育成には、業務マニュアルの整備が欠かせません。前回Evernote

記事を読む

情報収集にもEvernoteを!Webクリッパーの様々な使い方

Evernoteを活用するうえで、おすすめの使い方のひとつに「情報収集」があります。もちろん企業とし

記事を読む

いつもの作業が10秒はかどる。知っておきたいEvernoteのショートカットキー

Evernoteは、基本的に、あらゆる操作をキーボードで行えるようになっています。 ここでは、知っ

記事を読む

デザインの校正作業にEvernoteを活用しよう

どんな会社でもデザイン制作する場面はあると思います。製品のロゴやパッケージ、パンフレットやチラシある

記事を読む

クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触

スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

→もっと見る

PAGE TOP ↑