入金確認して回収漏れを絶対になくすために

公開日: : 最終更新日:2016/11/02 Salesforce, 業務効率化

請求書発行漏れをなくす方法については、以前お話ししましたが、今回は、その後についてです。
請求漏れがなくなったからと言って、入金が保証された訳ではありません!

□参考ブログ
「請求書発行もれがなくなった!その方法とは?」

請求漏れがなくなったら、当然、入金漏れもなくなる…のでしょうか?
「ちゃんと請求したんだから、あとは支払日を待つだけ!」
「支払日が来たら、請求した金額が振り込まれるから、もう安心!」
それが、そうはいかないのが現状です。

請求したのに入金がない?!

経理担当者なら、経験があるはずです。
入金があると思って確認した時に、不思議に思うこと。
「あれ?入金されてない!請求書は送ってあるのに…。」
「請求金額よりも、ちょっと少ないのは何でかなぁ?」
などと、意外と入金不足があるものです。

支払期日が、月末ではなく月の途中だったり、お客様からの入金がバラバラの日にちになるなど、イレギュラーな時には、特に、確認漏れも発生します。
入金不足に気付いてから、経理担当者が窓口担当者に連絡して、窓口担当者が取引先に連絡しても、その日に入金してもらえるとは限りません。
月末などは、みんな忙しいので、
「担当は、○日まで出張しております。」と言われたり、
「今日は銀行が閉まってるから、明日になります。」
「すみませーん。忘れてました。来月でもいいですか? 」
となることもあります。請求漏れをなくしたのに、本当にショックです。

mokuhyou_mitatsu_woman

当社も以前は、請求書を送った後、月末にはまとめて入金を確認していましたが、月の途中の支払など、イレギュラーな内容は、支払期日の日に確認できていない時もありました。
請求~入金状況のデータをSalesforceのプロジェクトで管理して、はじめて、入金不足も簡単に確認できるようになりました。

確認のタイミング

取引先や案件によって、支払期日は違います。
「だいたい月末に支払われるんだから、月末だけ入金確認すればいい。」
と思っていませんか?
当社は、不定期な入金を確認しきれていなかったために、月末になってから、
「今日、支払期日なのに、今日は入金がない。」
と間違えることもありました。
Salesforceでは、請求と入金の両方の内容が確認できるので、支払期日よりも前に入金があったことでもすぐにわかります。

入金を確認するタイミングは、もちろん全ての案件の支払期日です!
でも、毎回毎回、支払期日や請求内容を覚えていることはできないので、Salesforceから経理担当にメール送信で通知できる機能が役立ちました。
経理担当は、支払期日ごとに、請求内容がメールで届くので、そのレポートと入金データを確認するだけです。

%e3%83%ac%e3%83%9d%e3%83%bc%e3%83%88%e9%80%9a%e7%9f%a5

レポートは、マウス操作だけで作成でき、請求・入金と差額、入金日など、確認に必要なデータが見やすく表示されます。

請求データと連携

支払期日に、入金があっても、金額が間違っていることがあります。
Salesforceでは、「請求-入金=差額」も表示され、お客様や案件ごとにデータがまとまっています。
差額が発生した時は、お客様ごとに確認し、他の案件と一緒に請求すれば、回収漏れも防げるのです。
請求・入金状況が、一元管理できて、取引先ごとの入金のタイミングや差額発生の傾向がわかりやすくなります。
状況を把握できるようになり、情報共有できるSalesforceを社員みんなで活用するので、窓口担当も経理担当も、早めに対応できるのです。

まとめ

本当の安心のために、回収漏れを絶対になくすためには、請求~入金データを管理できる仕組みが必要です。
売上~請求情報に加えて入金情報も社内共有して、取引先ごとの状況を把握すれば、今までの入金不足・回収漏れをなくす対策となります。
請求した後、どうすれば回収漏れがなくせるのか?どんなデータを用意すればいいのか?などのお問い合わせは、神戸のシステム開発会社ユーシステムにご相談ください。

関連記事

new

GmailとEvernoteの最も効果的な連携方法!

今回はGmailとEvernoteの連携方法を紹介します。 まずGmailはフィルタ機能によって、

記事を読む

timecard_man

勤務時間を自動でラクラク集計!

勤務時間の管理といえば、エクセルで計算したり、まだ手書きの勤務表を使っている場合など、システム化され

記事を読む

161011_%e3%83%96%e3%83%ad%e3%82%b01

システムとSNSの連携で生産性UP!

昨今インターネットの普及と共に様々なSNSツールが登場しています。SNSツールとは、ソーシャル・ネッ

記事を読む

150109_scannable_01

スマホがスキャナーに早変わり!?注目のEvernote新アプリとは?

先日Evernoteは新しい公式アプリ「Scannable」を発表しました。これは紙資料をデジタル化

記事を読む

imgres

Evernote Businessをもっと活用できる連携クラウドサービス4選

Evernoteのサービスが開始してか、もうすぐで8年目になります。利用ユーザーは増え続ける一方で、

記事を読む

keyboard_typing

Evernote流、一歩進んだ議事録作成術!

そもそも議事録の役割とは 会議などの内容を記録に残すもの、それが議事録です。主に上司への報告や、参加

記事を読む

itblog9

WEBサイトの管理を確実に

導入前の課題 口頭やメールで依頼していたので制作期限が曖昧な場合が多く、作業が遅れがちだった

記事を読む

%e4%bb%95%e4%ba%8b%e3%81%8c%e5%a4%a7%e5%a4%89%e3%81%aa%e7%94%b7%e3%81%ae%e4%ba%ba

お問い合わせ対応マニュアルを作成してみませんか?

お問い合わせのお電話やメールというのは、どのような職種の企業様であっても必ずあると思います。商品に関

記事を読む

itblog3

顧客管理と商談/案件がリンク

導入前の課題 担当者が代わると重要な顧客情報が引き継がれていないことがあった。 受注案件

記事を読む

evernote_search

これを使えば上級者?Evernoteの高度な検索について

Evernoteでノートを探す時にはキーワードを検索窓に入力して、検索をするのが普通だと思います

記事を読む

2-1
スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

kaisya_yukyukyuka_shinkokusyo
ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部

→もっと見る

PAGE TOP ↑