情報収集にもEvernoteを!Webクリッパーの様々な使い方

公開日: : Evernoteビジネス活用, 情報共有

Evernoteを活用するうえで、おすすめの使い方のひとつに「情報収集」があります。もちろん企業としてプロジェクトを管理したり、会議の資料をまとめたり、チームで動くことに使えるEvernoteですが、個人の生産性を上げることにも長けています。今回は、Evernnoteの拡張機能である「Evernote Webクリッパー」を活用して、情報収集のためにEvernoteを使う方法をご紹介します。

Evernote Webクリッパーで何ができるの?

Evernote Webクリッパーを使うと、ブラウザ(Internet ExplorerやGoogle Chromeなど)で表示しているWebページを、たったの2クリックほどで自動的にEvernoteに保存することができます。
詳しくは下記の動画をご覧ください。

[さっそく使ってみよう!]
まずは下記URLにアクセスし、Evernote Webクリッパーをダウンロード・インストールしましょう。
対応しているブラウザはInternet Explorer、Google Chrome、Safari、Firefoxです(2016年2月9日現在)。
https://evernote.com/intl/jp/webclipper/
インストールの方法は使用するブラウザによって違いますが、いずれも上記URLから進めば3クリックほどで完了できます。今回の解説にはFirefoxを使用します。

インストールが完了すると、右上にEvernoteの象のマークのアイコンが表示されますので、これをクリックしてみましょう。すると下図のように「サインイン画面」が表示されますので、お使いのEvernnoteアカウントでサインインします。たったこれだけで、基本の設定は完了です。
160205_ブログ

では、このWebページを保存しておきたい!という時に、先ほどの象のマークのアイコンをクリックしてみてください。右上に下図のようなWebクリッパーの画面が表示されます。
160205_ブログ2
ここでも設定は簡単です。「クリップ」の項目から、「記事」「簡易版の記事」「ページ全体」「ブックマーク」「スクリーンショット」を選んでみましょう。例えば「簡易版の記事」を選択すると、Webページの背景色や、文字の装飾などをなくし、シンプルな画面を保存することができます。ブログ記事やニュース記事であれば、これでもいいですよね。「スクリーンショット」を選択すれば、自分が置いておきたい個所だけをマウスで囲い、保存することができます。情報収集後の用途に合わせて使い分けてみてくださいね。
次に「保存先」の項目から「どのノートブックに保存するか」を選択します。Evernote Buisinessをお使いの方は、ビジネスノートブックに保存してチームのメンバーや部下にも共有することができます。また、保存のタイミングで「タグ」を追加したり、「コメント」を追加したりすることもできるのです。例えば「回覧」タグを付けて、「メンバーは閲覧したらコメントを追記してください」というように入力しておけば、社内での共有も簡単にできますよね。
「クリップ」と「保存先」の設定が完了したら、「保存」のボタンを押すだけでWebページの保存が完了!簡単ですね。情報収集のとき、URLを集めるだけでは「そのページのどの部分に興味をもったのか」が記録しづらいために、共有も難しいですよね。Webクリッパーをつかえば、部分のみの記録ができますし、Evernoteの機能でコメントを添えておくこともできます。ぜひ使ってみてください。

Webクリッパーを使うべき!3つの理由]

では「わざわざこれを使わなくても情報が必要ならまたそのWebページにアクセスすればいいだけじゃないの…?」という方に、Webクリッパーをおすすめする理由をまとめてみましたので、どうぞ続きをご覧ください。

理由①Webページが消えてしまっても、閲覧が可能!

残念ながら、インターネット上の情報は永遠にそこにあるものではありません。更新によってページが消えてしまったり、Webサイトそのものがなくなってしまうケースも少なくありません。企業のサイトから個人のサイトに関わらず、「後から見ようと思ってURLを取っておいたのに、ページなくなってる!」ということはよくあることです。Webクリッパーで保存しているWebページは、インターネット上から消えてしまっていても、Evernote内に保存され続け、いつでも見ることができます。

理由②クリップしたWebページ内の画像も検索対象になる!

Webページ上の画像は、文字が書いてあるものでも画像ファイルである限りは検索の対象になりません。しかし、EvernoteではOCR加工処理(画像内の文字を認識し、検索の対象とする処理のこと)が自動で備わっているため、Webクリッパーで保存しておけば検索することができるのです。

理由③支払情報や契約情報など、一時的にしか表示されないWebページを保存できる!

個人的なクレジットカードの使用や、Web上での契約などはもちろんですが、一社員として何か予約したり、契約したりする場合がありますよね。新幹線の予約や、社員旅行の申し込みなど、後からメールなどで情報が送られてくる場合がほとんどですが、入力の最中や確認画面は後から確認したくても、できない場合もあります。そんな時、Webクリッパーで保存しておくと後から何かあったとき、すぐ確認することができます。

まとめ

Webクリッパーを使って、いつもの情報収集を、より使えるものにできそうですよね。無料で簡単にインストールできますので、ぜひ使ってみてください。

関連記事

ついに出た!Evernoteに待望の新機能「ワークチャット」とは?

先日Evernoteでアップデートがあり、新たに「ワークチャット」という機能が追加されました。

記事を読む

クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触れるようになり、インターネット

記事を読む

業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかしよう!」と思い立ったものの…何

記事を読む

今使っているあの名刺アプリとEvernoteを連携させる裏ワザとは?

前回、前々回とEvernoteで名刺管理を行う方法やメリットなどを解説してきました。しかしすでに名刺

記事を読む

ハンコ待ちがなくなるスピード承認申請

社内の手続きで、担当者が申請書を出してから、直属の上司~課長・次長・部長~担当部門~役員・社長などと

記事を読む

Evernoteで行う、展示会名刺の管理とそのフォロー

展示会は、今まで出会うことのなかった新規顧客を獲得するための貴重な機会です。しかし展示会のその場で即

記事を読む

万が一の備えに!Evernoteのバックアップ方法

Evernoteに情報が貯まっていくと、心配になるのがバックアップの問題です。一箇所にデータを蓄積で

記事を読む

社内SNSと連携

社内SNSのコメントを案件にヒモ付ける。 導入前の課題 口頭で伝えただけでは記録が残らない

記事を読む

Evernote Businessをもっと活用できる連携クラウドサービス4選

Evernoteのサービスが開始してか、もうすぐで8年目になります。利用ユーザーは増え続ける一方で、

記事を読む

Evernoteで社内の業務ノウハウを可視化・共有しよう

社内には言葉で伝えにくく、経験を必要とする業務が多く存在します。このような業務の情報を社内全員で上手

記事を読む

クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触

スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

→もっと見る

PAGE TOP ↑