今使っているあの名刺アプリとEvernoteを連携させる裏ワザとは?

前回、前々回とEvernoteで名刺管理を行う方法やメリットなどを解説してきました。しかしすでに名刺管理には、Evernote以外のアプリやソフトを使っている方もいらっしゃると思います。人気の名刺管理アプリといえば「camcard」や「eight」などがあります。camcardは高性能な文字認識機能によりスキャンした名刺を次々OCR化してくれるアプリです。またeightは撮影した名刺の情報を手入力でデータ化してくれるのでほぼ100%の精度で名刺を電子化してくれるアプリです。紙の名刺をとにかく電子化したい方にとってはどちらも非常に有用なアプリで使っている方も多いと思います。
しかし名刺は整理できれば良いのではなく、それを使ってどう活用していくかが重要です。このブログでは名刺を共有したり活用したりしていくには、Evernoteによる名刺管理が最適だとお勧めしていますが、残念ながらこのアプリにはどちらもEvernoteとの連携機能がありません。上記以外の名刺管理アプリやソフトを使っている場合も同様ですが、いざEvernoteに今まで貯めた名刺データを移行させようと思っても、連携機能がないためもう一度一から名刺をEvernoteでスキャンをし直さなければいけません。これは非常に面倒です。

Evernoteと非連携アプリの連携方法

しかし実はこれらのデータを簡単にEvernoteで取り込む裏ワザがあるのです。本日はその方法を紹介します。それはEvernote Web クリッパーを使う方法です。Evernote Web クリッパーとは保存したいWEBページをEvernoteのノートとして保存させるためツールです。そして「camcard」や「eight」はクラウドサービスなので、Evernoteなどと同様に、スマホはもちろんパソコンからも同じ情報を見ることができます。そこでパソコンのブラウザから名刺の画面を開き、Evernote Web クリッパーでその画面をクリップします。これだけの操作です。例えばEightの名刺をEvernote Web クリッパーでクリップすると下記のようになります。あenClip
Evernote Web クリッパーはWEBページを画像化するのではなくそのままの状態で保存してくれます。そのためテキスト情報はテキストとして保存してくれるので、コピーアンドペーストや編集もできますし、後からEvernote内で検索も簡単にできます。もちろんタグを貼ったり追記事項を追加したりもできます。ただしその時点の情報を保存しているだけなので、片方を編集するともう片方にも反映されるといった情報が同期される連携ではありませんのでご注意ください。

名刺を共有するメリット

これで、すでにたくさん貯めてしまったデータも簡単にEvernoteへの移行できます。特に「eight」などはあくまで個人用のツールのため、複数人で共有するということはあまり考えられていません。そこでEvernoteを使うことによって共有がスムーズにできるようになるのです。名刺を共有することによって実に様々メリットが生まれます。3つほど紹介しましょう。

名刺を個人で管理する

1.名刺が会社の持ち物になる

名刺を会社全体で共有することにより、名刺は個人のものから会社のものになります。取引先の連絡先が担当者しか知らないという状況もなくなり、社内の誰でも連絡先を確認できます。一部のメンバーでしか共有してはいけないような名刺がある場合も、Evernoteで閲覧権限を分けて設定することもできます。またもし名刺を紙ベースかつ個人で管理していると、例えば営業が転職・異動する際に、顧客情報を持っていかれてしまうという可能性があります。名刺を持ち出すということは、営業活動で出会ったお客様の情報を全て会社から持ち去られてしまうということです。Evernoteで名刺を管理していれば、営業の転職や異動が決まった瞬間名刺データへアクセス権を停止できますし、悪意を持ってデータ削除するなんてこともできなくなりますので、セキュリティの向上に繋がります。img_soft4-1

2.より柔軟な管理ができる

名刺をEvernoteで管理できれば、Evernoteの優秀な検索機能はもちろんタグやリマインダーも活用できるようになりますし、名刺画像以外の画像や資料のPDFなど関連するファイルも何でも一緒に保存できます。名刺に書かれていない付加情報をどんどん加えていくことで、色々な手掛かりから目的の名刺が探せるので、検索スピードは名刺管理アプリ単体よりも圧倒的に早くなります。検索スピードが上がれば、日常の名刺を探しているような無駄な時間を削減できますね。

3.外出先から見られる

例えば顧客先に伺った時に名刺を忘れてしまい、名前と役職は覚えているけど部署がわからない、なんて状態に陥ったとします。名刺が共有されていないと、「私の机の引き出しに入っている○○さんの名刺探してください。」なんて、社内に電話で確認しなければいけなくなります。名刺の情報が知りたい時というのは、以外と緊急時が多いものです。名刺データが外からでも簡単に検索できれば、社員は安心ですし、いざという時の対応スピードアップに繋がります。

まとめ

いかがでしょうか。今回はEvernoteと非連携アプリの連携させる裏ワザを紹介しました。特にeightは名刺データを人が手で入力しているため、Evernoteで名刺をデータ化するよりも正確です。スキャンはeightを使って、共有はEvernoteなんていう使い分けもできます。何より名刺データを会社全体で共有できるようになれば様々な効果が期待できます。もはや個人で名刺管理をする時代は終わりつつあるのかもしれません。ぜひお試しください。
また神戸のユーシステムではEvernote Businessを経営に活かすための、Evernote経営術勉強会を開催しています。詳細はこちら→

関連記事

160826

工数管理を行って、業務・作業の改善点の糸口を掴もう

「たくさん仕事を受注して、皆で必死に働いてもなぜだか今月も採算が取れていない。」 「残業しなければ

記事を読む

file11

Evernote Businesses導入の第一歩には、業務マニュアルの整備がおすすめ!

Evernote Businessesで共有すべきものとは Evernoteは個人の生産性を高める

記事を読む

3187602

EvernoteとDropboxって何が違うの?

最近流行りのクラウドサービスですが、たくさん種類があって何が違うのかわからない、という声をよくお

記事を読む

an inbox full of mail envelopes, clipping path included

メールではできない!Evernoteによる確実な情報伝達法

ここ数年パソコンやスマートフォンなどデバイスがどんどん進化していくなかでも、未だにビジネスのやり取り

記事を読む

internet_earth

オンラインストレージサービスとシステムの連携でビジネスを加速しよう

オンラインストレージサービスというと、最近ではDropboxやGoogleDriveなど耳にしたこと

記事を読む

itblog3

顧客管理と商談/案件がリンク

導入前の課題 担当者が代わると重要な顧客情報が引き継がれていないことがあった。 受注案件

記事を読む

Evernote-Web

うっかり忘れのミスを無くす。EvernoteでTo Doリストを作ろう。

Evernoteではノート上にチェックボックスをを作ることができます。下記画像の一番右上のボタンを押

記事を読む

ScreenClip

Evernoteで社内の業務ノウハウを可視化・共有しよう

社内には言葉で伝えにくく、経験を必要とする業務が多く存在します。このような業務の情報を社内全員で上手

記事を読む

keyboard_typing

Evernote流、一歩進んだ議事録作成術!

そもそも議事録の役割とは 会議などの内容を記録に残すもの、それが議事録です。主に上司への報告や、参加

記事を読む

itblog2

進捗がひと目でわかる

導入前の課題 受注した案件の進捗・納期等の一元管理ができていなかったので、状況を確認するのが

記事を読む

サムネイル
クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触

2-1
スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

→もっと見る

PAGE TOP ↑