顧客管理と商談/案件がリンク

公開日: : 最終更新日:2016/05/09 Salesforce, 情報共有, 業務効率化, 顧客対応スピード化

導入前の課題

  • 担当者が代わると重要な顧客情報が引き継がれていないことがあった。
  • 受注案件とのヒモ付けが出来ていなかった。

特長

  • 顧客とのメールを登録することができるので、担当者が代わってもこれまでの状況を把握できるようになった。
  • 組織の中での上下関係を記録することができるので、上司や部下等の関係がわかりやすい。
  • 各人が自由にコメントを入力することができる。
  • Facebookやtwitter等のアカウントを持っていれば、その情報も取り込むことができる。

itblog3

関連記事

hourensou1_houkoku-1

Evernote Businessで行う効果的な日報管理法とは

前回は会社利用を前提としたEvernote Businessを使って、社内マニュアルの整備方法を解説

記事を読む

icon_1r_192

Evernote Businessで「PDFに注釈」をやってみよう!

8月末のアップデートで、「Evernote for Windows」にPDFに注釈機能が追加されまし

記事を読む

IMG_8430-150x150

ついに出た!Evernoteに待望の新機能「ワークチャット」とは?

先日Evernoteでアップデートがあり、新たに「ワークチャット」という機能が追加されました。

記事を読む

g_e

Googleから自分のEvernote内のノートを探す方法

ちょっとイメージしづらいかもしれませんので実際に見てみましょう。 上の画像を見てもらえればわか

記事を読む

timecard_man

勤務時間を自動でラクラク集計!

勤務時間の管理といえば、エクセルで計算したり、まだ手書きの勤務表を使っている場合など、システム化され

記事を読む

kaisya_nakayoshi

Evernoteで見えてくる!効果的な営業指導法

営業の成果が中々上がらず、営業担当者をどのように管理・育成していけばよいのか、お悩みの社長様や上司の

記事を読む

160830_ブログ2

ペーパーレスで経費精算!申請・決裁業務をシステム化するメリット

世の中IT化が進んできたとはいえ、まだまだ紙で運用されている業務は残っているのが現状です。特に経費精

記事を読む

youtube

マニュアル化しにくい業務はEvernoteとYouTubeでマニュアル化しよう

ミスのない業務の進行や効率的な社員育成には、業務マニュアルの整備が欠かせません。前回Evernote

記事を読む

itblog5

会議中に簡単ToDo設定

導入前の課題 会議で指示したことが守られなかったり、忘れられたりすることがよくあった。

記事を読む

itblog4

タイムカード機能をつけて勤怠管理

導入前の課題 勤務表が別システムで、工数管理と二重になっていたため、入力ミスが多かった。

記事を読む

サムネイル
クラウドシステムで情報共有がより簡単に!でもセキュリティは大丈夫?

スマートフォンが広く普及し始め、それに伴い多くの人がインターネットに触

2-1
スケジュールをWEB上で手軽に共有しよう!

皆さん、スケジュールの管理は何を使って管理されていますか? 手帳やカ

1704
顧客情報と案件を繋げて管理!Salesforceでまとめよう

会社には管理すべき情報がたくさんありますよね。 各個人が管理している

1
業務のムダが見つかる!データの見える化

売上・利益を増やしたい、でも残業は増やしたくない。 「よし、何とかし

3
メールや様々な業務データと顧客管理がSalesforceで繋がる!

Salesforceは営業活動の効率化のために、顧客や案件に関

→もっと見る

PAGE TOP ↑